2007年07月10日
自己流ラーメン 綿麺(つけ麺)@松原市
7/3(火)の夜のレポートです。

watamen_68.jpg


僕の食べ歩きの記念すべき500杯目のレポートとして、レギュラーの
「つけ麺(大)900円」を注文しました。

watamen_66.jpg


相変わらず見た目にも豪華なつけ麺ですねぇ...
麺の上に盛り付けられたレアチャーシューは、当初話題にもなりましたが
そんなのは何処吹く風...むしろこれが綿麺のつけ麺ですと言わんばかり
の押しを感じます。もちろん肉質は柔らかく、箸休め的にもいただける
最高のチャーシューですよ...

watamen_67.jpg


しかし、この日の麺は凄かった...茶色っ!もともと全粒粉を使って
いるから茶色みはあったんだけど、思わず「配合変えた?」って聞いて
しまいました。ボソボソ感が出る手前で、弾力も風味もしっかりと
出ています。

watamen_69.jpg


つけ汁はバリバリにど真ん中ですね...僕が今まで食べた豚骨ベースの
つけ汁の中では、最高の出来ではないか、と。甘味、辛味、酸味ともに
申し分なし...

watamen_70.jpg


中に入っているバラのチャーシューもいいですね...いつもより大きめの
ブロック状にカットしており、脂の部分が甘いんですよ...口の中で
とろけてしまう...

タレで煮込んだ後、オーブンで焼き上げているので、香ばしさも
たまらないです。割る必要もなく、飲み干してしまいました。
美味しかったです。

watamen_71.jpg


本当に最近はお店として風格が出て来たように感じる「綿麺」...
研究熱心な店主と、気配りのできる奥さんの息もピッタリ合ってるし、
お店の方向性もしっかりと見据えているようです。

しかし...店内には「可愛いPOP」ながら、お客さんへの注意書きが
目立つ...悲しい話だけど、それだけお客さんのマナーが悪いってこと
なんでしょうね...確かに他のお客様に対する配慮にもつながるんだけど
この注意書きも今ぐらいが限度でしょうね...

これ以上増えると、逆に重たく感じてしまう...せっかく声かけの
素晴らしいお店なんだから、できればこのお店は、マナーに厳しい
息苦しいお店にはなってもらいたくないです。もちろんこのお店に
限った話ではありませんが、何かいい方法はないですかね...(苦笑)

watamen_72.jpg


さて...この日はこむと~さんのご好意により、「中華そば(塩)
高井田仕様」をいただきました。連食ということで、ちょっと小さめの
器で作っていただいたのですが、写真ではネギしか写ってないけど、
底にしっかりと具材は沈んでいるんですよ...(笑)

麺は栄太号ほど太くはないものの、ずしっと重量感がある低加水麺で、
ブチンと切れる歯応えは、まさしく高井田そばですね...

watamen_73.jpg


ただ、スープが全く違う...今年の初めに試作で「鶏塩中華そば」を
いただいたのですが、あの時よりもしっかりめの味でダシが効いている
んですよ...こんなのをサラッと作ってしまうんだから、こむと~さんは
凄いです。

黒胡椒を荒く潰しているのが、いいスパイスになっていますね...これが
常に食べれるのなら、ちょっと大変なことになってしまうかも...(笑)
っていうレベルの一杯でしたよ...ごちそうさまでした。


自己流ラーメン「綿麺」
(住所)大阪府松原市松ヶ丘3-6-15
(TEL)072-331-1777
(時間)AM11:30 ~ PM2:00 PM6:00 ~ PM10:30
(休)月曜日 (P)あり


(※僕のHPの「ラーメン食べ歩きing」のコーナーの中に、これまでの
データーを地域別に保管しています。興味のある方は のぞきに来て
下さいね...)

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/
■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2007年07月10日 17時11分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By