FC2ブログ

麺厨房103(黒胡麻担担麺)@阿倍野区

ハシダ・メン

190905_1.jpg

前回...西田辺にある「蓬珉軒」さんを訪問した際に、見つけたお店…
ちょうど向かいにあるんですが...こんな所に担々麺専門店って、あり
ましたっけ?以前は確か、スナックだったんじゃないかな...「麺厨房
103」さん…調べてみると、一昨年の2月にオープンしたとのこと…
大通りから路地裏に入った所にあるんですが、店舗も黒を基調にして
おり、暗い雰囲気が漂う...もう少し明るくした方が、入りやすいと
思うんですが…

190905_2.jpg

店内はカウンター席のみの造りで、照明は落としている。そう…外の
雰囲気もそうですが、全体的に重々しい雰囲気なんですよね…いい意
味では、隠れ家的な雰囲気でもあるんですが…路地裏でやっている事
を考えれば、もっと一見さんが入りやすい様な工夫が必要かと…とり
あえずメニューを眺めると、白胡麻の担々麺が二種と、黒胡麻、そし
て酸辣麺の四種類…実にシンプルなメニュー構成ですね…

190905_3.jpg

【黒胡麻担担麺(850円)・叉焼丼(150円)】(’19.8.26実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

デフォは白胡麻になるんでしょうが...黒胡麻好きな僕は「黒胡麻担担
麺」をなるべく辛めで作ってもらいました。ベースである白胡麻に、
黒胡麻を混ぜ合わせているみたいで、表面にうっすらと黒胡麻のペー
ストが浮かんでいる...辛めをお願いしたからか、赤い辣油と黒っぽい
油(葱油?)を多めに浮かべた、オイリーな仕上がりです。上には
豚ミンチ肉に刻みネギ、白髪ネギ、もやし、水菜、糸唐辛子を綺麗に
盛り付けている。

190905_4.jpg

鶏ガラベースの担々スープなんだけど、胡麻のペーストは弱めなので
ベースの出汁感の方が前に出てる。粘度低めでサラッとししており、
一般的な担々スープと比べると、ボディは弱めだけど、味の方向性は
悪くない。たっぷりの豚ミンチ肉が嬉しいですね…辛さも程々な感じ
で、物足りない人は卓上の山椒や黒胡椒など、味変グッズを投入する
ことも出来ます。

190905_5.jpg

歯切れのいい低加水の細麺を合わせていますね…スープとの相性も
悪くないと思います。うん...想像してた味ではなかったけど、どちら
かと言えば、本場の担々麺と言うよりも、日本人向けに作られた一杯
って感じでしょうか…

190905_6.jpg

途中で店主さんに勧められるがまま、卓上のお酢を回しかけてみる…
ふむ...オイリーだったスープが、さっぱりとした口当たりに変化しま
すね…担々麺とお酢って、本当に合うんですよ…

190905_7.jpg

ランチメニューということで、半チャーハン、半麻婆丼、叉焼丼、
ご飯(お代わり自由)のいずれかが、プラス150円でいただけるので
すが...僕は「叉焼丼」をチョイス...炙ったチャーシューに、たっぷり
のマヨをかけて、玉ねぎ、海苔、ネギを盛り付けている。ご飯の量も
多めだし、サイドメニューとしては価値があると思いますよ…次回は
「酸辣麺」を狙ってみたいですね...ごちそうさまでした。


麺厨房103
(住所)大阪市阿倍野区昭和町5-11-19
(TEL)06-7505-9080
(時間)AM11:30 ~ PM2:30 PM6:00 ~ 翌2:00
(休)不定休 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html



Posted byハシダ・メン

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply