FC2ブログ

中華料理 勝一(肉焼めしセット)@生野区

ハシダ・メン

190422_1.jpg

ちょっとショックなことがあったんですよね…僕の大好きな大衆中華
のお店...生野区にある「勝一」さんに久しぶりの訪問...この日はまだ
未食だった「かついち丼」狙いだったのですが、カウンターに腰掛け
ると、あまりにショック過ぎることを、大将の口から聞かされる…
「すんません…大幅にメニューを縮小させてもらったんですわ…」

190422_2.jpg

ええっ!何で?...貼り紙を見て、さらにショック...数日前に「餃子」
の販売も終了してるやん…餃子って、ここの主力商品やん…しかも
7月からは、営業時間も短くなるらしい…事情を伺うと、あの鍋振り
の見事なお弟子さんが、6月でお店を辞めるらしい…それも円満に
辞めるような感じではないらしく…まるで嘆き節の如く、大将の罵声
が飛ぶような状態…この空気はよろしくない...他のメニューにも目を
通してみると…

190422_3.jpg

麺類に関しては、そんなに変わってないみたいだけど…豚キムチや
小えびの天ぷら等、一品モノが無くなっているし、皿うどんもメニュ
ーから消えている。僕が楽しみにしていた「かついち丼」も無くなっ
てしまった…従業員を募集してはいるものの、誰も入って来ないので
大将一人で回せるメニューということらしい…

190422_4.jpg

定食類も、もしかすると縮小するかも...とのこと。もうショックすぎ
て、言葉が出てこない...お弟子さんの労働環境など、細かい事はわか
らないけど、雇う側の気持ちもわかるし、将来を見据えたお弟子さん
の気持ちもわかる...でもなぁ…今回のメニュー縮小は、確実に営業に
響いてくると思う…僕にとっては、大阪で一二を争うここの餃子が、
もう食べられないとは...他のメニューは我慢できても、餃子はやめた
らアカンのとちゃうか?...なぁ、大将…

190422_5.jpg

【肉焼めしセット(1,150円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

頭の中が真っ白になってしまったものの、何か注文しないといけない
ってことで...「肉焼めしセット」を注文する。こちらの人気商品であ
る「肉焼めし」と「うまいラーメン」のセットですね…本当はここに
餃子2人前を追加したかったのだけど、無いなら仕方ない…

190422_6.jpg

まずは「肉焼めし」...細長いお店のために、調理の様が全て見えるん
ですよね...目の前で軽快に鍋を振る見事な手さばき...表面にうっすら
と油を纏ったご飯は、重過ぎずパサつき過ぎずで、絶妙な炒め加減…
魔法の粉も少なめだし、さっぱりした味付けなんですが…レギュラー
の「焼めし」と比べると、豚肉の塩分が加わった分、メリハリの効い
た味になっています。

190422_7.jpg

この店の看板商品である「うまいラーメン」...作り方も豪快でして、
出来上がる直前まで鉄鍋の火力の中にあるので、超激アツの一杯です
わ...奈良のスタミナ系のような、白菜、ニラ、葱、豚肉など具材たっ
ぷりなのが嬉しいですね…鶏ガラベースのスープに、白菜等の甘み、
豚肉からの脂の旨みなどが加わる。強い火力を扱うからこその味わい
は、ハマる要素たっぷりですわ…やや濃いめの味付けで、豆板醤も効
かせており、キレのあるスタミナ系に仕上げています。

190422_8.jpg

麺は滑らかな中細ストレート麺を合わせており、コシも強い…最近の
中華屋さんの麺もレベルが上がりましたよね...クタクタな麺と遭遇す
ることが、少なくなったように思います。ここのラーメンはレベルが
高いですよ…

190422_9.jpg

具材に肉が加わった分、贅沢感は増しますよね...ふわっとした食感の
タマゴやネギも、いい仕事をしてますわ…ラーメンには持参したマイ
唐辛子(鬼)を投入して、ピリッと輪郭を引き締める…これが最高に
合うんですよね…うん、やはりここの料理は文句なしに旨い…それだ
けに、餃子のメニュー落ちは悲し過ぎる。

僕らも手に職の仕事をしてますからね...一番難しいのは、雇用に関し
てなんですよ…ウチも沢山の従業員を抱えていたんですが、規模を縮
小して、一人営業のスタイルに変えてしまっただけに、痛いほど気持
ちがわかるんですよね…大好きなお店だけに、何とか頑張って欲しい
なぁ…そして、餃子の復活を強く望みます。


中華料理 勝一
(住所)大阪市生野区勝山南3-12-31
(TEL)06-6741-2003
(時間)AM10:30 ~ PM10:00
(休)日曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.htm



Posted byハシダ・メン

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply