FC2ブログ

中華そば 工房(名物 中華そば)@阿倍野区

ハシダ・メン

180706_1.jpg

少し前のレポートになります。レベルの高い中華そばが食べたくて…
久しぶりに「本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば 工房」さんにお邪
魔しました。決して立地条件がいいとは言えない住宅街の中にあって
毎日、外待ちが出来る程の繁盛店になったのですが…例え辺鄙な場所
にあろうとも、本当に美味しいお店は皆んなが知っているんですよ…
オープン当初は暖簾とのぼりが無ければ、とても店舗のようには見え
なかったのですが、現在は入り口にPOPを貼るなど、それらしい雰囲
気になってきましたね…

180706_2.jpg

外に向けてのA型看板もご覧の通り...実はこちら、製麺所の横で営業
している工場内飲食店なんです。ここ以外にも「本町製麺所」は系列
店があるみたいですが、基本はうどんの様でして…中華麺を提供して
いるのは、こちらだけみたいですね…それにしてもサイドメニューも
充実してきましたよ…以前は醤油系の中華そば一本で勝負してたので
すが…新たに「汁なし中華そば」も加わったみたいです。

180706_3.jpg

【名物 中華そば(650円 )】(’17.12.19実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

汁なしにするか迷ったものの、この日はラーメンが食べたかったので
「名物 中華そば」をいただきました。注文の際に「平中細麺」と
「丸中細麺」の二種類の麵から選べて、麵量も大盛りが無料なんです
が、スープとのバランスを考えて、あえて大盛りにはせず「平中細麺」
でお願いしました。写真を見てもわかるように、実に丁寧な仕事ぶり
でして...真空調理法で仕上げた自慢のプライム豚ロースのチャーシュ
ーを中心に、煮玉子、穂先メンマ、刻み葱、三つ葉、そして器のフチ
には焼き海苔を添えている…

180706_4.jpg

スープを飲んでみると、まずコチラの特徴である「山椒」の風味が
口の中に広がる…スープは鰹、鮪、鯖、宗田鰹、ウルメ、鰯、鯵の
七種の削り節をブレンドしたものに、北海道産利尻昆布、焼鱧、鶏を
合わせ、無添加の生醤油を使ったカエシでまとめている…素材のそれ
ぞれの旨味が明確に感じられるし...鶏、魚介共に旨味がよく出ていま
すよ…カエシもカドは立たせず、毎日でもいただけるようなさっぱり
とした清湯スープに仕上げています。

180706_5.jpg

オープン当初から麺の仕様を変えていなければ、両方を食べたことに
なるんですが…今回は自分なりの結論を出そうと「平中細麺」を選ん
だのですよ…全粒粉仕様のコチラの麺…食感や風味はいいものの、
やはりスープを弾きますね…(前回も感じた)麺そのものの旨さは
別にして、スープとの相性で言えば「丸中細麺」の方が上かな…

180706_6.jpg

味変の薬味として、卓上に粗挽きの黒胡椒と山椒が用意されているん
ですが、こちらのスープには断然、山椒が合うでしょう...元々最初か
ら山椒は効かせているものの、この後入れの粉末山椒は香りが非常に
強く、いいアクセントになっています。特有の風味と痺れ感が、実に
いいじゃないですか…具材もそれぞれにレベルが高く、ブライムポー
クはしっとりとして、肉の旨みに溢れているし、穂先メンマの食感や
煮玉子も実にいい感じですわ…近いうちに再訪問して「汁なし中華そ
ば」をいただきたいと思います。


本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば 工房
(住所)大阪市阿倍野区美章園3-7-7
(TEL)06-6690-0582
(時間)AM11:30 ~ PM3:00(売切次第終了)
(休)月曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html




Posted byハシダ・メン

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply