FC2ブログ

まこと屋(とろ〜り半熟煮玉子牛じゃんラーメン)@東住吉区

ハシダ・メン

180703_1.jpg

「牛骨ラーメン」……僕には暗い過去がありまして…その昔、関西初
のラーメン集合施設「泉ヶ丘ラーメン劇場」に、「まこと屋」さんが
入っている時に、初めて「牛醤ラーメン」をいただいたのですが…
あまりの臭みに驚いてしまいまして…それ以来、牛骨がトラウマに
なってしまったんですよ…もしかしたら、あの日のコンディションの
問題だったのかもしれないし...他のお店の牛骨ラーメンを体験するこ
とにより、少しずつワダカマリがとれてきたんですよね…長居公園の
近くに出来ていたのは知ってたのですが、ずっと避けてたんですわ…
もう一度、こちらの牛骨ラーメンを食べて、真実を確かめたい…とい
う思いが、日に日に強くなりまして…行って来ましたよ…いつの間に
か、大きなチェーン展開をしてたんですね…

180703_2.jpg

私…箱店を否定してるワケではなくて、箱店ならではの良さも十分に
理解しているつもりです。こちらも如何にも的な箱店スタイルなんで
すが、従業員の教育もしっかりしてまして、キビキビと動いて非常に
気持ちがいい...カスターにも様々な「味変グッズ」が用意されており
ニンニクチップや辛子高菜、紅生姜と自由にカスタマイズすることが
できる…他にも胡椒、ゴマ、一味、生大蒜と至れり尽くせりですわ…

180703_3.jpg

ラーメンは主に牛骨醤油の「牛じゃんラーメン」、鶏ガラ醤油の「鶏
じゃんラーメン」、鶏ガラに背脂を浮かべた「背脂醤油ラーメン」に
分かれており、それぞれにトッピングの違うメニューが、用意されて
いる…また激辛薬味をプラスした「赤旨」もラインナップされており
辛さも細かく調整できるみたいですね…

180703_4.jpg

【とろ〜り半熟煮玉子牛じゃんラーメン(790円)】(’18.7.2実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

過去の記憶のリベンジとなると、スタンダードに牛骨を食べないと
意味がない…ということで「とろ〜り半熟煮玉子牛じゃんラーメン」
を注文しました。背脂の量、麺の固さ等、細かく調整できるみたいで
すが、いつものように全て「普通」でお願いすることに...白濁したス
ープの上には、トロトロの豚バラのチャーシュー、キクラゲ、ネギ、
マー油、もやし、辛味噌が盛り付けられ、煮玉子は半分に切らずに
丸々一個、浮かべている…

180703_5.jpg

まずはスープから…うん、牛特有のクセはあるものの、臭いレベルで
はなく、特徴と呼べる範囲内ですね…明らかに当時いただいたスープ
とは違うような気がします。モモやスネ等の太い牛骨をハンマーで打
ち砕き、じっくりと炊き上げているそうな…当時は長時間煮込んで
旨味を出していたのが、現在は多分…圧力寸胴でも使っているんじゃ
ないでしょうかね...本当にまろやかで、旨味は濃いんだけど、後口は
さっぱりとしています。何となく、テールスープを思わせる味わいで
よく出来ていると思います。途中で中央の辛味噌を溶かして攪拌させ
ると、さらに旨味が増しますよ…

180703_6.jpg

鶏じゃんでは多加水の玉子麺を合わせているみたいですが、牛じゃん
には博多の豚骨に使うような、低加水の細麺を合わせている…小麦の
風味もいいし、パツンと歯切れも良く、スープとの絡みもいいじゃな
いですか...この麺もバリ固、固め、普通、やわらかめと固さを選べる
し…「替玉(100円)」にも対応してくれる…

180703_7.jpg

丸々の玉子を箸で割ると、半熟トロトロでしっかり味の付いた飴色の
黄身が顔を出す。それからは怒涛の味変ラッシュですよ…ニンニクチ
ップ→辛子高菜→紅生姜と少しずつ加えて、味変を楽しむ…素直に楽
しいし、こういうラーメンの食べ方もアリだな…と。牛骨に対する
誤解も解けたし、本当に大きな欠点が見当たらないというのが、正直
な感想ですね…

箱店の良さである広い駐車場に、ベビーカーでも気にせず来店できる
フロアの広さ、時間を気にせずゆったりと座れるテーブル席、気兼ね
なく味のカスタマイズが出来る等、いい点をあげればキリがない…
味に関しても、牛骨をメインにすること自体、箱店でも特徴のある
部類に入ると思います。うん、見直しましたわ…でも、こちらのお店
(週末は知らないけど)混雑をしてるのを見たことがないんですよ…
う〜ん…商売は難しい...(´ε`;;)


ラーメンまこと屋 長居公園南店
(住所)大阪市東住吉区公園南矢田2-23-7
(TEL)06-6608-7655
(時間)AM11:00 ~ AM0:00 
(休)無休 (P)あり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html




Posted byハシダ・メン

Comments 2

There are no comments yet.
かーと  

メンさん、こんばんは!

自分はこのお店ではなく、あるカップ麺がきっかけでしたが、
牛骨白湯=クセが強烈というイメージが強くついてしまって、
それ以降は牛骨系にちょっとした抵抗感を持ってたのですよね(;゚ω゚)

行ける範囲にこのお店があるのに行ってない理由の一つもそれですし;

ただ自分も牛骨系への抵抗感はずいぶん薄れてきましたし、
メンさんも大丈夫だったのならたぶんいけそうな気がしますね!

今でも個人店で牛骨系を扱うお店はあまり見ないですし、
やはりちょっと扱いが難しい素材ではあるのですかね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)

2018/07/05 (Thu) 00:43 | EDIT | REPLY |   
ハシダ・メン  

>かーとさん...

毎度です♪

あらら...カップ麺の牛骨で、そんなにアクの強いのが
ありましたか...どこのだろう...「鳥取」のヤツですかね...

下処理によるものか、スープの酸化によるものか...
あの臭いって、本当に辛いですよね...

「まこと屋」さんは、一度食べてみてくださいよ...
箱店ならではの良さもありますし...味の感想も
聞いて見たいですわ...

2018/07/05 (Thu) 17:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply