あっぱれ屋(濁とろ塩チャーシューメン)@京都府

ハシダ・メン

180612_1.jpg

この日は食べ歩き仲間と城陽ツアー… 一軒目に「手打ちうどん やま
びこ」さんに向かうも、見事に臨時休業...(^_^;; 口の中が「牛すじ
カレーうどん」になっていたものの、気を取り直して二軒目に予定し
ていた「あっぱれ屋」さんに向かう…はたして空腹の状態で、あっぱ
れ屋の行列に耐えれるか…と思ったら、外待ちは十数人程度…ちょう
ど開店して、一巡したぐらいでしょうか…これぐらいなら、何とか...

180612_2.jpg

すでに「つけ麺は売り切れ」のボードが上がっていたので、選択肢は
限られているのですが…連食が中止になってしまったので、この日は
贅沢させてもらいましょうか…こちらのラーメンは、濃度の違いで
「こくまろ」と「濁とろ」に分かれているんですが、私は断然「濁と
ろ派」でございます。(`・ω・´) キリッ

180612_3.jpg

卓上にセットされた「コショウオイル」...色んなお店の薬味の中でも
一番気に入っているのが、コレなんですよ...胡椒好きにはたまらない
と思います。後でたっぷりと活躍してもらいましょう…

180612_4.jpg

ゼンちゃんも奥さんも、相変わらず頑張ってましたよ…この規模の
お店を、夫婦二人で回しているんですからね...スゴイとしか言い様が
ない...考え尽くされた厨房の配置、動きに全く無駄がないし、奥さん
の接客も見事ですよ...少々待たされても、イライラするようなお客さ
んは、一人も見当たらない…

180612_5.jpg

【濁とろ塩チャーシューメン(1,150円)】(’18.6.12実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「濁とろ塩チャーシューメン」を麺大盛でいただくっ!(大盛1.5玉
まで無料)...バランスを考えて、普通のラーメンしか頼まない僕が…
チャーシューメンですよっ!さらには「あっぱれ飯」まで頼んでしま
った…この日は贅沢したかったんですよ...(*´ω`*) どやさ!このイン
スタ映えしそうな見事なビジュアルは...贅沢極まりないぞっ!(笑)
自慢の低温調理のチャーシューが、器を巻くように並べられ…中央に
は隠し包丁の入った太メンマに、とろ〜り煮玉子、小口葱が丁寧に
盛り付けられる…

180612_6.jpg

豚の背ガラをたっぷり煮込んだ白濁したスープに、数種の魚粉をブレ
ンドしており、カドの無い塩ダレでまとめている…超濃厚とまでは
いかないものの、旨味たっぷりですね...ザラリとした舌触りが特徴で
す。気になるようなクセは全く感じられず、本当に多くの人に支持さ
れるスープだと思いますよ…

180612_7.jpg

同伴した友達は、前回同様「旨い!」と唸っている…スープの濃度や
塩分濃度など、本当にベストバランスなんでしょうね...座っている
お客さんの層を見ても、極端な偏りは感じさせない…老若男女、ラヲ
タから一般人まで、本当に幅広い層に支持される味ですわ…僕はいつ
も早い段階で「コショウオイル」を投入するんですよ...マッタリとし
た濃厚スープを、ガツンと引き締めます。こりゃあ、たまらん♪

180612_8.jpg

フェトチーネを思わせる極太の自家製平打ち麺は、若干スープを弾き
気味ではあるんですが、むっちりと弾力があって風味も素晴らしい…
麺大盛ということで、結構食べ応えがあります。口の狭い器のために
スープの量も少なく見えるんだけど、実は深さもあって、見た目以上
にボリュームがあるんですよね…

180612_9.jpg

久しぶりの「あっぱれ飯(200円)」...ほんのりバターの風味が香る
炊き込みご飯です。さっぱりと薄味に仕上げているんですが、こちら
のスープとの相性は抜群なんですよ...スープをすすって一口、メンマ
をかじって一口、チャーシューを巻いて一口...ふふふ...旨い以外に
形容する言葉が見当たりません♪(*´ω`*) 距離があるのと長い行列で
なかなか気軽に来れるお店ではないけど、それだけの苦労をしても
食べる価値は、絶対にあると思わせるお店ですよね...


俺のラーメン あっぱれ屋
(住所)京都府城陽市奈島下小路11
(時間)AM11:30 ~ PM2:30(売り切れ次第終了)
(休)日曜日、祝日、第4土曜日 (P)あり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





Posted byハシダ・メン

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply