FC2ブログ

中華料理 勝一(激辛ラーメン)@生野区

ハシダ・メン

171225_1.jpg

大阪の大衆中華屋さんの中で、僕が一番支持しているのが、生野区は
桃谷高校のすぐ近くにある「勝一」さんですよ…時々、たまらなく
ここの餃子が食べたくなるんです。(*^_^*) 道路に面しており、広い
間口で黄色いテントが特徴…一見、大きそうなお店に見えるでしょ?

171225_2.jpg

横から見ると、ご覧の通り...薄っぺらい三角形のお店でして…カウン
ターだけの店内は、後ろを人が通ることが出来ないんですよ...トイレ
に行くとしても、一旦外に出ないといけない...まるで屋台のような
空間ですわ…

171225_3.jpg

だからこそ厨房との距離が近く、目の前で軽快な鍋振りや、見事な
手さばきをライブで見ることが出来るんですよ…

171225_4.jpg

さてさて…今回は辛いラーメンが食べたかったんですよね…ただ、
こちらの辛いラーメンは二種類ありまして…豆板醤をたっぷり使った
「激辛ラーメン」と、一味をたっぷり使った「熱血ラーメン」…どち
らも辛味は強いんですが、辛さの質が違うんですよ…

171225_5.jpg

【激辛ラーメン(600円)】(’17.5.16実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

悩んだ挙句...「激辛ラーメン」を注文しました。ベースとなる「うま
いラーメン」は、奈良のスタミナ系のような、白菜、ニラ、葱、豚肉
など具材たっぷりの一杯なんですが、今回は激辛ということで、豆板
醤をたっぷり使い、辛味武装をしている...どうよ...辛党の人はソソる
ビジュアルじゃないでしょうか…

171225_6.jpg

鶏ガラベースのスープに、白菜等の甘み、豚肉からの脂の旨みなどを
加えた、メリハリの効いた醤油味...これにたっぷりの豆板醤を加えて
激辛仕様にしている...元々、シャープな味付けに豆板醤をプラスして
いるので、若干塩分濃度も高く、重めに感じるけど...白ご飯と最高に
合うと思います。出来上がる直前まで鉄鍋の火力の中にあるので、
半端な熱さじゃありません...まさに「溶岩クラス」ですわ...この熱さ
に辛味が加わるので、食べ進むのに時間がかかるんですよね…一気に
啜ると、唇の裏の皮が剥けてしまうし...鼻水はノンストップで出てく
るしで、結構食べるのも大変なんですよ...(^_^;;

171225_7.jpg

麺は滑らかな中細ストレート麺を合わせており、なめらかでコシも
強い…激辛スープをしっかり絡めて上がって来ます。昔の中華屋さん
の、所謂くたびれた麺ではなく、ラーメン専門店にも負けてないと
思いますよ...強い火力を扱うからこその味わいで、豆板醤の効いた
キレのあるスタミナ系と言ったところか…追加料金を払えば「激辛」
と「熱血」を合わせたものも作ってくれるみたいです。旨いですよ♪

171225_8.jpg

追加で「おいしい餃子(250円)」をいただく…(写真は二人前)
僕はここの餃子が好きでして...某◯将の餃子に負けないぐらいズッシ
リと大ぶりで、たっぷりの具材を包むのは、これまたモッチモチの
厚めの皮…噛めば肉汁が溢れ出す。このボリュームで250円は、絶対
に安いと思いますよ...ついつい2〜3人前を頼んでしまうんです。

171225_9.jpg

こちらの「焼めし(500円)」も評判が高いんですよ...表面にうっすら
と油を纏ったご飯は、重過ぎずパサつき過ぎずで、絶妙な炒め加減…
ハム、ネギ、玉子とシンプルな具材ながらも、旨いんですよね…魔法
の粉も少なめだし、さっぱりした味付けが光ります。

171225_10.jpg

餃子は皮が厚めで、モッチリとした食感...中の具も超ジューシーです♪
これは最高に旨いわ...底にタマリの入った自家製のラー油がまた、た
まらんのです。焼めしは味は濃すぎないので、他の料理との相性も
いいんですよ…旨いラーメンに餃子、焼めしと最高の組み合わせじゃ
ないですか…酢豚や肉団子の甘酢など、気になるメニューも沢山ある
んですが、ついつい同じのを注文してしまうんですよ…次回は「かつ
いち丼」でも頼んでみようかな...


中華料理 勝一
(住所)大阪市生野区勝山南3-12-31
(TEL)06-6741-2003
(時間)AM10:30 ~ PM10:00
(休)日曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html




Posted byハシダ・メン

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply