2017年10月21日
堀内チキンライス(海南鶏飯)@阿倍野区
171019_1.jpg

この日は何故かしら、朝からジャスミンライスが食べたくて…お昼は
ここに行こうと決めておりました。アジア各国の料理を手軽に食べさ
せてくれる「堀内チキンライス」さん…特にチキンライスをメインで
提供しているお店なんですが…僕らが日ごろ口にするチキンライス
とは違い、シンガポールやタイ、ベトナムで食べられている現地仕様
のチキンライスを、リーズナブルな価格で提供してくれる貴重なお店
なんですよ...僕が初めて訪問した頃から比べると、有名になったのか
かなり忙しくなりましたよね…

171019_2.jpg

入り口近くの、カウンター席に腰掛ける...目の前にはオリオンビール
や泡盛など、沖縄の酒類を中心に、色鮮やかな酒瓶がズラリと並ぶ…
僕は昼間は飲まないようにしてるので、もちろん食事だけですよ…

171019_3.jpg

いつもの如く…メニュー帳の中に掲載されている、マンガを楽しむ♪
我々に馴染みの少ないアジアンメニューを、マンガで楽しく紹介して
るんですが…何とも味がありますよね...本当に退屈しませんわ…

171019_4.jpg

この店の看板メニューであるチキンライス…「海南鶏飯(シンガポー
ル)」「カオマンガイ(タイ)」「コムガー(ベトナム)」の三種類
から選べるようになってます。ジャスミンライスに関しては共通な
ようで、具材とタレが違うのかな…

171019_5.jpg

【海南鶏飯(750円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このお店の基本になるであろう(店の外の看板にも書いてるしね…)
「海南鶏飯(はいなんじーふぁん)」を久しぶりにいただきました。
いつもなら鶏の唐揚げを使った「カオマンガイトート」ばかりを注文
してしまうんですが、たまにはデフォもいいでしょう...僕らが「チキ
ンライス」と聞くと、喫茶店のトマトケチャップよろしくの定番メニ
ューを思い出すのですが、シンガポールではこうなるみたいです。

171019_6.jpg

ランチタイムということで、キャベツの千切りサラダがサービスで
付いています。醤油ベースの中華ドレッシングがかかってました。

171019_7.jpg

お味噌汁のお椀に入っているのは、こちらでは基本となる、鶏で出汁
をとったスープ...表面にうっすらと油を浮かべた清湯スープで、具材
は大根と刻み葱のみというシンプルな一杯…この日は特に、鶏の出汁
がよく出てたように思います。

171019_8.jpg

まぁるい型で盛られたジャスミンライスの周りには、柔らかい蒸鶏が
どっさりと盛り付けられている…正直、初めて目の前にした時は、
「色」が少ないだけに、視覚的に「美味そう」って感じはしなかった
んですが、食べたらビックリなんですよね...1993年の米騒動の時に、
未熟米やらタイ米やら、あまりいい印象を持ってなかった僕が、衝撃
を受けたのが、こちらのジャスミンライスだったんです。

171019_9.jpg

これが三種類のタレ...「生姜」「醤油」「チリ」...スプーンでタレを
すくって、蒸鶏やジャスミンライスに適量をかけながら、自分好みに
カスタマイズするというもの...どれもが奥深く、色々組み合わせたり
して楽しませてもらいました。僕の好みで言えば...「生姜」>「チリ」
>「醤油」って感じでしょうか…

171019_10.jpg

鶏の出汁で炊き上げた、タイ高級米ジャスミンライス...かなり高価な
タイ米だそうですわ...パラッとした食感ながらも、一粒一粒ムチッと
した弾力がありまして、絶妙な炊き加減ですね...香りも良くて、その
まま食べてもほんのり塩気があって旨いんですよ...本当にたまりませ
んわ...鶏の旨味に溢れてて、本当にスプーンが止まらない...三種類の
タレを絡ませて、最後まで飽きずにいただきました。値段もかなり
手頃だし、独特な雰囲気もある...いいお店ですよ。(*´ω`*)


堀内チキンライス
(住所)大阪市阿倍野区天王寺町南2-10-1
(TEL)06-7492-8265
(時間)AM12:00 ~ PM3:00 PM5:00 ~ PM9:30(平日)
    AM12:00 ~ PM9:30(土、日、祝日)
(休)火曜日(不定休あり) (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月21日 22時48分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:0 Trackback:0
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By