2017年10月05日
ジャポダイニング (カルボナーラ対決!)@堺市
171003_1.jpg

前回訪問した際に、自家製生パスタの旨さに感動しまして…近いうち
にまた行こうと心に決めたのですが…一人では行けないチキン野郎の
ワタシ…(ラーメンやうどんなら、抵抗ないんだけど...)また友達を
誘いまして、行ってきましたよ...JR阪和線の堺市駅から歩いてスグに
ある「ジャポダイニング(Japo Dining)」さん…自家製生パスタや
ニョッキの専門店ですわ…

171003_2.jpg

こちらの名物なのが...「男盛 」ですよ...客層の9割が女性というコチ
ラのお店...何とか男性客に満足してもらいたいと始めた、採算度外視
のランチメニューが「男盛」でして…通常のパスタは、麺量150g程度
なんですが...男性なら大盛の400gまで、無料で増量してくれるみたい
ですわ...腹ペコ男子が泣いて喜ぶ、男性ランチ限定メニューですよ…

171003_3.jpg

でもね…この日の僕は目的がありまして...「男盛」は今回封印しまし
て、気になっていたメニューをいただいてみようかと…「カルボナー
ラ対決!」ということで、二種類のカルボナーラがあるわけですが、
本来ならば、友達とシェアするとかして食べ比べするんでしょうね…
でも...そんなまどろっこしいことは僕はしません...一気に二種類を注
文して、食べ比べてみようかと…僕も友達も麺喰いですからね…通常
盛りならば、二杯食べても物足りないのでは?な〜んて心配してた
ぐらいですから…

171003_4.jpg

こちらで人気のある「タピオカスムージー」もいただいてみましょう
よ…通常オッサンは、スムージーなんて縁がないですからね…前回も
恥ずかしいから、普通のジンジャエールを注文したぐらいですから…
それにしても、本当に沢山の種類があるんですね…

171003_5.jpg

【極カルボナーラ(1,000円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まず運ばれてきたのは、クリームを使用しない本場仕様の「極カルボ
ナーラ」です。「リガトーニ」という、極太のマカロニのようなショ
ートパスタで、パンチェッタ(豚バラ燻製)、黒オリーブを絡めて
上から粗挽き胡椒とソルトフレークを散らした、シンプルなビジュア
ル…クリームを使わないカルボナーラ自体が初めてだったのですが…
シンプル故に、素材の旨味が際立つと思います。

171003_6.jpg

底にたまっているソースは、たっぷりのチーズと卵黄を合わせた濃厚
な味わい...シンプルなんだけど、これに心を射抜かれてしまった…
塩加減も含め、本当にベストバランスなんですよ…このリガトーニの
茹で加減も見事なんですよね…しっかりとした食感は残しつつ、芯が
残るようなことはない…この麺とソースが絡んだ様を見て下さいな…
これはたまりませんよ…次のをいただく前に、勝負が決まったような
気がするな…(笑)僕のど真ん中でしたわ...

171003_7.jpg

次のパスタが来る前に、ピクルスをいただきます。キュウリや人参、
パプリカ、大根と上手く漬けてますよね…さっぱりした味わいで、
次のパスタに向けて、味覚をリセットするには丁度いい…

171003_8.jpg

【黄金カルボナーラ(1,000円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

僕の中のカルボナーラのイメージに最も近い...「黄金カルボナーラ」
が運ばれて来る...いやぁ…美味しそうなビジュアルじゃないですか…
底からしっかりとかき混ぜて下さいとのこと...となると、中央の卵も
潰さないとですね…この卵の濃いオレンジ色の輝きは…どこかで目に
したことがあるような…

171003_9.jpg

そう…こちらの卵は「洋食ふきのとう」さんで使用している「こだわ
り卵」と同じ銘柄の卵(セラ・ルージュ)を使用してるみたいです。
潰した際のこの色鮮やかなオレンジを見て下さいな…濃厚な味わいが
きっと料理にも生きてくると思います。

171003_10.jpg

ブリンブリンという表現が一番当てはまるのではないかと…丸刃の
極太麺は、乾麺とは明らかに異なる食感を楽しませてくれる…この麺
であれば、オーソドックスなパスタのソースだけではなく、もっと
色んな方向性が見出せそうな気がしますね...前回訪問の際にいただい
た平パスタも美味しかったけど、今回もデュラム小麦をベースにした
生麺の良さがよく出ていると思います。

171003_11.jpg

最初の「極カルボナーラ」も「黄金カルボナーラ」も、共に粗めに
挽いたブラックペッパーが合うんですよね…カプサイシン同様、輪郭
が引き締まるし、風味も引き立ちます。

171003_12.jpg

クリィーミィーなソースを纏ったパスタの色艶ときたら…実に濃厚で
旨味で食わせるタイプ…チーズや卵の風味も利いてますね…塩分は
控えめながらも、パンチェッタの塩気等が絶妙に絡んで来る…麺量的
に物足りないかな…と思ってたんだけど、重厚なソースのおかげで、
ちょうどいいぐらいの満腹感を得られました。どちらも美味しかった
けど、個人的にはシンプルでクリームを使わない「極カルボナーラ」
の方が感動を覚えましたよ…

171003_13.jpg

けっ…男がタピオカ入りスムージーなんてねぇ...恥ずかしくて注文な
んか出来ませんわ…大体、50過ぎのオッサンが「スムージー下さい」
なんて…言えるワケな……「きょほぉ〜〜!!」うんめぇ〜〜!!
まさに巨峰じゃないですか…スムージーって、こんなに美味しかった
のか!この夏限定の一杯だったそうですが、僕の想像してたより甘み
は控えめで、フルーツの果汁ほとばしる旨さ...これなら他の種類も
試してみたいですね…パスタもスムージーも、共に感動に値するもの
で大満足でしたわ...

171003_14.jpg

ジャポダイニング(Japo Dining)
(住所)大阪府堺市堺区東雲西町1-8-67
(TEL)072-227-7200
(時間)AM11:00 ~ PM2:30〔ランチ〕
    PM5:00 ~ PM9:00〔ディナー〕
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet.html

■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月05日 14時21分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:2 Trackback:0
「きょほぉ〜〜!!」のテンションがツボすぎましたwww
2017/10/06(金) 08:35:03 | URL | taka :a #8kSX63fM[ 編集]
>takaさん...

ふふふ...それぐらい感動したってことですわ...

スムージーって、こんなに美味しい飲み物だったんですね...

果汁濃度がハンパなかったんですよ...
2017/10/06(金) 15:14:47 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By