2017年08月21日
カップ麺Watch(NO.355)
しばらく袋麺の記事が続きますよ…今回のテーマは「アニマル」です
わ...小笠原製粉の「キリン 家庭用ラーメン しょうゆ味」は二度目の
登場なんですが...藤原製麺のZOO(動物園)シリーズは、これから
しばらく続きますよ...まずは「藤原製麺 大阪市天王寺動物園 カレー
ラーメン」をチョイスしてみました。どちらも非常に期待しているん
ですが、早速いただいてみましょうか...

cup355_a.jpg

【キリン 家庭用ラーメン「しょうゆ味」】

「キリン 家庭用ラーメン しょうゆ味」からいただきます。「ZOO
シリーズ」とは趣が違うけど、このパッケージもかなり味があります
ねぇ…HPで確認すると、みそ味やしお味…さらにはペンギンやカピ
パラまで存在するみたいですが、ウチらの周辺では、コレしか手に入
りません…(通販になるのかな?)レトロな袋を開けると、トレーに
入った上に、さらにラッピングされた油揚げ麺、粉末スープの小袋と
シンプルな構成...ここまでしっかり梱包されていると、外からの衝撃
を受けても大丈夫そうですね…お鍋でしっかりと麺をほぐして、完成
です。うん…醤油と言っても、ほんのり褐色に濁ったスープ…やや
塩分強めながらも、アタリはやわらかい...色んな具材を加えていただ
くのに、丁度いい塩分濃度ではないかと…懐かしい味わいで、この
スープを嫌う人はいないでしょう…化学調味料、着色料、保存料を
一切使わないというのもポイントが高いですね…主役はプリプリの
多加水麺…この麺は美味いわ…小麦を水の代わりに、豆乳で練り込ん
でいるそうな...やさしい醤油味のスープとも相性バッチリです。パッ
ケージ同様、子供から年配まで、幅広い層に支持されそうな一杯です
ね...美味しかったです。


cup355_b.jpg

【藤原製麺「大阪市天王寺動物園 カレーラーメン」】

動物の顔がパッケージに描かれた袋麺…僕の大好きな「藤原製麺」の
動物園応援シリーズだそうです。売上げの一部が動物のエサ代として
寄付されるそうな…袋麺としては価格がやや高めではあるんですが、
それを聞けば納得できますね...「キリン」の様なトレーはないものの
藤原製麺らしく、麺は個別に包装されている。スープは液体スープの
小袋が1つ...実にシンプルです。注意点は通常の袋麺以上に茹で時間
がかかること...沸騰したお湯に6分半〜7分は茹でてほしいとのこと…
あと3分半ぐらいまでは、ほぐすことなくじっくり待つ…これが美味
しく作る秘訣だそうです。おお…このコシ…なめらかさはスゴイです
ね…自慢の熟成乾燥麺で、現在の乾麺の中では間違いなくトップクラ
スでしょう...鼻に抜ける小麦の香りもいいし、時経劣化も少ない…
茹で時間はかかるものの、ほぼ完璧な麺です。スープはポークベース
で、野菜の旨味も入ったやさしいカレー味でして、子供でも安心して
食べれる辛さでしょう...当然のごとく、激辛香辛料でスパイシーに
仕上げれば、辛党も納得の一杯に…いやぁ〜、基本がしっかりしてる
から、どう調理しても間違いないのですよ…さて、しばらくはこの
「ZOO(動物園)シリーズ」が続きますよ...
                                     

□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年08月21日 22時49分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By