2017年06月09日
九州ラーメン 六五六(チャンポン)@堺市
170609_1.jpg

ああ…来る度に、朽ち果てていってる…久しぶりの訪問ではあるんだ
けど、前回来た時はテントが破れながらも、何とか残ってる状態…
(店名は確認できないけど...)もう今は、骨組みが残っているだけ…
お店のシャッターも半分以上、閉められているし…とてもこれが営業
してるなんて、常連じゃなければわからないでしょう...(^_^;; そう…
久しぶりにジャンキーなチャンポンが食べたくて...「六五六」さんに
お邪魔しました。こんな状態ですけどね…店内はもちろん満席で、
中で待ち客もいる感じ...本当に忙しいお店なんです。

170609_2.jpg

まるでカンフーの達人のような個性の強い大将も、元気で頑張って
おられます。カウンター席のファイヤースポットに案内されるも、
決して焦ることなかれ...目の前の立ち上がる炎を楽しむだけの、心の
余裕が必要なんです...(*・ω・)(*-ω-)うんうん 目の前には「マラカス
ペッパーボトル」が...ふふふ...これこそが、ここの味の決め手になる
んですよね...灰皿の下に千円を敷いて、あとは出来上がるまで気長に
待つだけですわ...オーダーなんて不用です。

恐ろしい程の火柱を操り、1杯ずつ丁寧に作り上げて行く…(調理
スポットは2ヶ所なので、一度に2杯しか作らない...)使い込んだ
専用の胡椒ボトルを、まるでマラカスを振るかの如く、鍋の中にふり
かける...それは「粉」なんて生易しいモンじゃなく、「スジ」で
入りますよ...(笑)

170609_3.jpg

【チャンポン(900円)】(’16.10.11実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ご対面~♪「あなたは当店のチャンポンを食べましたか...」とのこと
ですが、初めての人は本当にビックリするでしょうね…結構なボリュ
ームに見えるけど、底の浅い器で...女性でもサラッと食べれてしまう
から不思議...キャベツ、イカ、ちくわ、豚肉、もやしなど様々な具材
の旨味と、アクを含めた雑味もみ~んなひっくるめて、しっかりと
出汁の効いた豚骨とラード、胡椒により、強制的に一つの方向にまと
めあげている。(`・ω・´) キリッ さらに強烈な火力により、黒い液体
(ウスターソース)に焦がしが入り、何とも言えない香りが鼻を刺激
する♪もうね...たまらんのですよ!

170609_4.jpg

チャンポンらしくモッチリとした食感の太麺が、破壊力のあるスープ
によく合うんですわ…胡椒をビンビンに効かせたスープを口に含むと
ジリジリとノドが焼けるような感じで...今、内臓のどの辺にスープが
流れているかわかるんですよね...間違いなく、関西一オゲフィンで
旨いチャンポンじゃないでしょうか...ふと思い出したように食べたく
なるんですよね...いつまでも元気で作り続けてほしいですわ...


九州ラーメン 六五六
(住所)大阪府堺市堺区向陵東町1丁2-18
(TEL)072-254-1378
(時間)PM0:00 ~ PM1:30 PM6:00 ~ PM8:30(疲れた時)
(休)日曜日、祝日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年06月09日 22時42分 | 記事へ | ラーメン | Comment:3 Trackback:0
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/06/10(土) 00:05:19 | | #[ 編集]
ここまだやってるんですね~。
2回ぐらい行ったことあるけど、遠いからなかなか・・・
ここで修業した人が上本町に店を出したので
こんなラッキーなことはないと何度か行きましたが、
1年ぐらいしか続かなかったですね。残念。

私はちゃんぽんは生野区の笑福亭(変な名前)というお店一択です。
町の中華料理屋ですが、ちゃんぽん以外食べたことない(笑)
よかったら一度行ってみてください。
生野本通商店街のアーケードを抜けたとこ、
生野八坂神社前バス停の目の前です。
(土日は通し営業でしたが、中休みが入るようになりました)
2017/06/10(土) 11:19:54 | URL | しゅん #1Y./gxJs[ 編集]
>しゅんさん...

情報ありがとうございます。

生野区の笑福亭ですね...了解です。
しっかりチェックしておきましたので...

また機会があれば食べて来ますね...(・ω・)ノ
2017/06/10(土) 14:00:36 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By