2017年04月15日
カップ麺Watch(NO.334)
ナゼか知らないけど、僕の休みは雨の日が多い…特にバイクの免許を
取りに行った頃から、雨に降られることが多くなった気がします。
で…週間天気予報によると、今度の月、火曜日(連休)も雨マークが
ついてるじゃないですか...本当にどうにかしてほしいですわ…(-.-“)

今回は本格ベトナム仕込みの、フォーを使った袋麺…「Pho・ccori
気分」シリーズと言うのかな…エースコックは本場ベトナムでは、
トップシェアを誇りますからね…僕は何度も本場の袋麺をいただいて
いるんですが、どれぐらい日本人向けにチューンしているのかも気に
なるところ...「トムヤムフォー」と「鶏だしフォー」...早速いただい
てみましょうか...

cup334_a.jpg

【エースコック「トムヤムフォー」】

まずは「トムヤムフォー」から…現地の袋麺は、チキンラーメン的に
熱湯を注いでフタをして、3分で出来上がりが基本なんですけどね…
今回は鍋で3分煮て下さいと書いてある...その通り作ってみたけど、
この米麺の性質上、熱湯を注ぐだけで十分な気がする…(残りのやつ
はそれで作ろうと思う)小袋は1つ...粉末スープのみです。コシのない
まるでスープと同化するようなフォーの食感...これがまた魅力なんで
すけどね...まさしく本格フォーですわ…ただ、スープはかなり日本人
向けにデチューンされてますね…独特な風味の油分は全く使わず、
鶏ガラ、エビ、魚醤の旨みに、唐辛子、レモングラス等の辛味や酸味
そしてココナッツミルクと、基本の味は守りながらも、あの現地の
ような強烈な個性がない…酸味も辛味もそこそこ効いているんですが
やはりキーワードになるのは、油でしょうね...単なる食べやすいトム
ヤムスープに、フォーを入れたものになっているのが実に残念です。
159kcalとローカロリーなのは、嬉しいんですけどね...


cup334_b.jpg

【エースコック「鶏だしフォー」】

続いて「鶏だしフォー」です。前回の「トムヤムフォー」が期待外れ
だったので、半ば諦め気味で袋を開けると、今回は粉末スープと一緒
に調味油の小袋が入っている。鍋は使わずに熱湯を注いでフタをして
3分…これが現地のインスタントスタイルです。ふむ…確かにうっすら
と芯が残る感じだけど、米麺のなめらかさは感じつつ、コシもしっか
りと楽しめる...気温の低い時期はキツイかもしれないけど、この調理
法の方が、フォーの良さを活かせるんじゃないでしょうか…スープは
あっさりとした鶏ベースで、香味野菜等の旨みも加わり、ほんのり
香辛料も効かせている…鶏油や豚脂のおかげで、しっかりと厚みも
感じられる...でもね...やはり日本人向けであることは確かで、現地
袋麺のような独特なクセは感じられない...食べやすいんだけど、何か
物足りないんですよね…僕は辛味香辛料をたっぷり加えて、激辛仕様
でいただきました。フォーは文句なしに美味しかったです。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年04月15日 22時50分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback:0
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By