2017年02月21日
Park side Cafe RIAN(西京白味噌担々麺)@堺市
170220_1.jpg

まずはお知らせです。ブログを開設してから、ずっと字が小さいから
読み難いとご指摘を受けていたのですが...決して今までこだわりが
あって、変更しなかったのではありません…
「やり方がわからなかった」だけなんです。(^_^;; やっと読みやすい
ぐらいのサイズになったのではないかと…(←今頃かいなw)
今まで改行がPC向けだったのを、スマホ向けにしてみたり…文章も
すっきりとまとめて、読みやすくなるよう、努力するつもりです。
これからもよろしくお願いしますね...m(_ _)m

さて…本当に久しぶりに、堺にある「パーク サイド カフェ リアン」
さんにお邪魔しました。実はですね…久しぶりと言いますか、二度程
フラレているんですよ…テレビ出演の影響か、かなりの忙しさで
駐車場も満杯状態でして…泣く泣く断念した次第です。
最近は少しだけ、落ち着いたのかな...

170220_2.jpg

照明は落として...大きな窓から自然の光が入って来る...窓の向こうは
大泉緑地が広がる...まるで絵画みたいでしょう?車もほとんど通ら
ないし…何とも落ち着く雰囲気ですよね...テーブルも椅子もかなり
ゆったりサイズで、本当に長居してしまいそう…(*´д`*)
ドッグカフェなんですが、普通に食事もできますよ...

170220_3.jpg

店内に掲げたブラックボードが、メニュー表の代わりです。
日替わり(多分)になるのかな…さて、何をいただきましょうか…

170220_4.jpg

店主の長谷川さんは、料理の母体は中国料理でして...それに様々な
要素を組み合わせている。もうね…料理のアイディアがどんどん
溢れてくるみたいで…彼のFacebookを見てると、面白いですよ…
あと、当てずっぽうな発想だけでなく、ちゃんとカタチにする所が
凄いんですよね…かなりの引き出しを持っているんでしょう…

170220_5.jpg

【西京白味噌担々麺(1,000円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

久しぶりに長谷川さんが作った手延べ麺が食べたくて…
「西京白味噌担々麺」を注文することに…こちらは初訪問の時に
いただいた「リアン風担々麺」の改良版になるんでしょうか…
肉味噌、切り干し大根、小松菜を配したビジュアルは、前回同様…
パッと見は担々麺らしくないけど、トロリと粘度のある白いスープに
心を奪われてしまう…こりゃあ美味しそうだ♪

170220_6.jpg

白胡麻を使った担々スープなんだけど、動物系をベースにしておらず
鍋の中で味を組み立て、西京白味噌を牛乳でのばしているそうな…
胡麻はペーストしたものではなく、すり胡麻を使用しているので、
ザラみを舌に感じることができる...前回いただいた時は、花椒と
五香粉のブレンドでシビ辛仕様だったのですが、今回は西京白味噌と
胡麻の甘みをダイレクトに味わうことができます。多分、ここでしか
味わえない独創的な担々麺に仕上げています。

170220_7.jpg

今回の辛味の飛び道具は…「桂林辣椒醬」なる謎の黒い薬味…
長谷川さんは、こういった香辛料にもかなり詳しいんですよね…
結構辛みは強いが、じんわりと来る甘みと大蒜のコクも、感じる
ことができます。

170220_8.jpg

奥の調理場でせっせと伸ばしていた自家製の手延べ麺…幅広の平打ち
で厚みもそこそこある...小麦(強力粉)と水だけで作った麺でして…
塩やかんすいは使わない...コシはそれほど強くはないんだけど、
独特な食感で面白いんですよ...ミルク担々麺との相性もなかなか…
この担々麺は食べる価値がありますよ…

170220_9.jpg

【ふわとろ水餃子炒飯(1,000円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

せっかくだからと、連食で「ふわとろ水餃子炒飯」を注文する私…
はい...単品ではなくて、定食を連食する人は少ないそうな...(^_^;;
さっぱりと薄味で仕上げた炒飯の上に、トロ〜リとタマゴの餡が
かかっている…上には自慢の水餃子を盛り付けており、美味しそう
だと思いません?

170220_10.jpg

とぅるんとぅるんのタマゴの餡が、旨いよなぁ...ほんのりと塩味を
利かせた優しい味わいで、カラダが浄化されそうな感じ...(*´ω`*)
味の濃い大衆中華的な炒飯もいいけど、こういうのを食べると
料理の奥行きを感じますね…水餃子は実に具沢山...モチッとした
自家製の皮の中に、ぎっしりと餡が詰まってます。特にレンコンの
食感がアクセントになってましたね…

170220_11.jpg

炒飯に付いているスープは「カニの粕汁」ですね…粕汁と言うほど
酒粕はあまり主張させず、野菜の甘みがよく出ています。スープ取り
のセコガニの足も浸かっていて、カニの風味がいいですね…何より
粕汁は栄養たっぷりで、体を温める効果があるんですよ…今の時期
にはピッタリですわ…炒飯に粕汁を合わせるあたり、かなり独創的
だとおもうんですが...(*^_^*)

170220_12.jpg

食後はコーヒーをいただいて、まったりタイムです。茶目っ気のある
店主さんや、ほんわかした奥さんとのやりとりで、時間を忘れる程
くつろいでしまうんですよね...店内はワンちゃんが居るとは
思えない程静かで、まるで時が止まった感じがする…とにかく
居心地がいいということですよ...また行かせてもらいます♪

170220_13.jpg

Park side Cafe RIAN(パーク サイド カフェ リアン)
(住所)大阪府堺市北区南花田町520-1
(TEL)072-205-6941
(時間)AM11:30 ~ PM7:00
(休)水曜日 (P)あり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年02月21日 22時02分 | 記事へ | ラーメン | Comment:2 Trackback:0
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/22(水) 08:29:42 | | #[ 編集]
>鍵コメさん...

了解です。

よろしくお願いします。m(_ _)m
2017/02/22(水) 13:33:21 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By