2017年01月25日
新福菜館 本店(中華そば)@京都府
170124_1.jpg

昨日は白内障手術を終えてきました。先週やった右目も、経過は順調でして…
この調子だと、日常生活ではメガネは不要になるかもしれませんね…細かく
言えば、老眼は必要になると思うけど…まあ、痛い目をした価値はあったと
いうことですわ…レーシックをやったと思えば、安いモンですな…って、術後
もしばらく眼科に通わなければいけないし…それが一番大変になるでしょう。

さてさて…ちょっと前の話になります。京都の八幡に用事で来てたら…衝動的
に京都の古典的中華そばが食べたくなりまして…そうなると本店で食べたいと
思いまして...バイクを走らせてJR京都駅の東側...たかばしの高架橋へ向かう…
京都を代表する「新福菜館 本店」と「本家第一旭 たかばし本店」という歴史
ある店舗が軒を並べているんですよ...懐かしいなぁ…10年ぶりぐらいになると
思います。外観がやけにお洒落になっているので、 ビックリしましたわ...

170124_2.jpg

店内は食堂的な雰囲気で、シンプルにまとめている…お昼にはまだ時間がある
というのに、店内は超満席ですわ…この日は大将の怒号が飛び交っておりまし
て…スタッフも大変ですなぁ...(´ε`;;)店内は異常な緊張感に包まれる…

170124_3.jpg

おっ…これは辛子味噌ですな…味変には欠かせないアイテムですからね…
せっかくたかばしに来たからには、一店舗で帰るのは恥ずかしいし(何でw)
さらにコチラでは、中華そば以外にも「必食のメニュー」が存在する…

170124_4.jpg

【中華そば(700円 )】(’16.6.14実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

連食をする人の為にか「小」も用意されているんですが…やはり通は「並」を
頼まないと、話にならんでしょう...目の前に運ばれて来たのは、醤油馬鹿が
愛して止まない漆黒のスープ…大阪の「高井田そば」同様、食べ慣れてない人
にすれば、見た目でドン引きしてしまうであろう、超硬派な醤油汁ですわ...
チャーシューにもやし、タケノコ、たっぷりの刻み葱を中央に盛り付ける…

170124_5.jpg

ふふふ…コレコレ。鶏ガラ、豚骨ベースの醤油味なんだけど、完全にキレで
食わせるタレ勝ちのスープでして…濃口醤油の香ばしさや酸味がたまらんので
すよ…勿論、見た目の濃い色に反して、意外とあっさりとした後口が特徴…
初めて食べた人の印象では、ボディが弱めに感じるかもしれないけど、これは
こんなモンでしょう...京都ラーメン最古の看板を背負ってますからね…食べ手
を選ぶラーメンではあるけど、この行列話見れば...多くの人に支持されている
のがわかりますよね…このテのスープは、飲んだ後の〆にはたまらん一杯なん
ですよね...

170124_6.jpg

この濃い醤油色に染まったストレート中太麺が、またモチモチッとして旨いん
ですよね…久しぶりに食べたけど、やっぱり中毒性があると思いますわ…

170124_7.jpg

で…必食の「ヤキメシ(500円)」ですよ…正直言うと、このヤキメシの方が
気になってました…(笑)この褐色のコメを見ればわかるけど、ラーメンの
醤油ダレを使っているんですよね…チャーシューの煮汁が加わった、ここなら
ではのヤキメシですわ...中華そば同様、見た目ほど濃い味付けではなく、素朴
な味わいに、笑みがこぼれてしまう…

170124_8.jpg

強い火力により、パラっと仕上がっている…やっぱここに来れば、絶対に食べ
ないといけないでしょう...さらに中華そばは、卓上の辛子味噌で味変を楽しむ…
うん…コクが増した感じになりますね...これはいい…味はもちろんのこと、
歴史も共に味わうことができました。さぁ、お隣に行きましょうか...(*^ー゚)b


新福菜館 本店
(住所)京都市下京区東塩小路向畑町569
(TEL)075-371-7648
(時間)AM7:30 ~ PM10:00〔月、火、木~日〕
(休)水曜日 (P)4台


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html



■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年01月25日 22時52分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By