2016年11月13日
カップ麺Watch(NO.312)
今回も少し懐かしいカップ麺を、共に語り合いましょう♪…昔の僕なら、余程
のことがない限り買うことのなかった「日清」のハイエンドカップの担々麺を
ピックアップ…いずれも250円オーバーの商品なんですが、ずっと店頭で地位
を確保し続けているというのは、凄いことことですよね...「行列のできる店の
ラーメン 海老担々麺」と「ラ王 Selection 芝麻担々麺」...早速いただいてみま
しょうか...

cup312_a.jpg

【日清「行列のできる店のラーメン 海老担々麺」】

まずは「行列のできる店のラーメン 海老担々麺」から…上ブタをめくると小袋
が4つ…先入れのかやく入り粉末スープと後入れの液体スープ、ねりごま、揚げ
玉...さすが高級カップだけあって、それぞれがしっかりした感じ…熱湯4分で
出来上がりです。ふむ…結構濃厚な仕上がりですね…海老の風味はよく出てる
けど、極端なクセはない…(僕は甲殻類の強すぎるのは苦手ですw)ゴマの
風味も効いてますね…肉そぼろやチンゲン菜、ネギ、さらには揚げ玉も海老の
風味と香ばしさがよく出てて、さすが高級カップのかやくって感じ…熱湯4分
の中細のノンフライ麺は、コシも強くなめらかで、インスタントの域を超えて
いると思う。ただ...一応コレは担々麺ですからね…麻も辣も何もこちらに訴え
かけるものがない…海老の風味は強くて重厚なスープなんだけど、キレはなく
ヌベ〜っと重いだけ…(決してマズくはないけど)麺との絡みも今ひとつ…
選手それぞれのポテンシャルは高いのに、チームになるとそれぞれが自分勝手
でまとまらない…そんな感じの一杯でした。これが200円ちょっとの商品で
あれば、腹も立たないと思うんだけど、ハイエンドカップですからね…期待も
大きかっただけに、少し残念でした。


cup312_b.jpg

【日清「ラ王 Selection 芝麻担々麺」】

続いて「ラ王 Selection 芝麻担々麺」です。どうしても高級カップとなると、
評価も厳しくなりがちなんですが…今回も担々麺ということで、気を引き締め
てレポしたいと思います。上ブタをめくると、小袋は4つ...かやく以外は全て
後入れ…しかも液体の小袋が2つあって、待ち時間がカップ麺リミットの5分と
なると、スープの温度に影響してしまう…そこで熱湯を注いだカップのフタの
の上に液体の小袋を置き、上からタオルをかけて、その上に熱々のヤカンを
乗せてみる...これいいですね...寒い日でも、スープの温度を気にすることはな
い…(ちなみに僕が使用しているのは、カップ麺用のミニヤカンです。)さて…
熱湯5分でそれぞれの小袋を投入すると、濃厚なスープの出来上がりです。
「芝麻醬」をふんだんに使ったゴマゴマした一杯…ほんのり香る花椒とラー油
がアクセントになっているんですが、とにかく胡麻の風味の強い厚みのある
スープで、肉そぼろや白ネギ、ワケギ等のかやくも含めて、カップ麺では限界
を思わせる程、高級感にあふれている…だけど、前回の「海老担々麺」同様、
バランスなんですよね...特に麺との相性…重厚なスープだからいいものの、
スープとの絡みには疑問が残る…もう少し加水率を下げるとか、平打ちにする
など、他に方法がなかったのかな…と思う。スープのキレの悪さは、後から
辛味武装すれば済む話なんですけどね…特に日清さんの、白湯系ハイグレード
カップに多いような気がするな...うむむ...


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html



■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2016年11月13日 22時31分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
メンさん、こんにちは!

◎行列のできる店のラーメン 海老担々麺
これは担々麺というよりは、これまでに日清が出して来た
海老白湯系ラーメンにごま要素を加えたといった感じでしたね!

それ以前の海老白湯系はどこかもう一つ厚みが足りなかったので、
自分としてはその部分をごまが補完してくれていたのが好印象で、
このシリーズの海老白湯系の中ではけっこう好みに位置しましたね!(=゚ω゚)

でも担々麺として楽しもうとするとたしかに外れそうですね!
どちらかというと、海老白湯系ラーメンの流れにある商品でしたし!

◎ラ王 Selection 芝麻担々麺
つい最近、また新たにラ王からごま系担々麺が出ましたが、
そちらはこれよりも一歩から二歩レベルアップしていましたよ!

最近のラ王は麺の加水をちょっと下げてきている傾向があって、
それがこうした濃厚系スープを引き立てる効果を見せていますね!

ライバルの「正麺カップ」が多加水麺路線を行っているので、
あえて差別化のために加水を下げている面もあるのでしょうね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
2016/11/14(月) 14:12:05 | URL | かーと #pYvi7Xj2[ 編集]
>かーとさん…

どうもです♪
ここ最近、強く感じるんですが…
濃厚な白湯系と麺との相性が、日清の場合
しっくり来ない場合が多く感じるんですよ…

個々のレベルはかなり高いと思うんですが
やはり合わないように感じてしまうんです。

それだけ日清が、無難なラインにおさまらず
攻めてるってことですかね…
2016/11/15(火) 01:38:52 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By