2016年10月28日
カップ麺Watch(NO.309)
今回も少し懐かしいカップ麺を、共に語り合いましょう♪…セブンプレミアムで
人気のタテ型「店」カップをチェック...「蒙古タンメン中本」は何度かいただ
いていますが...「すみれ 味噌キムチ」は初めて…どちらも製造は、日清が担当
しています。共に結構評判がいいんですよね...早速いただいてみましょう♪

cup309_a.jpg

【セブンプレミアム「すみれ 味噌キムチ」】

まずは「すみれ 味噌キムチ」から…セブンで「すみれ」と言えば、セブンゴー
ルドの「すみれ 札幌濃厚味噌」という、ハイレベルな丼型カップがあるんです
が…今回はタテカップということで、よりインスタント側に寄った商品である
ことがわかる…小袋は上ブタに貼り付いている調味油のみ…油揚げ麺の平麺で
熱湯5分というのが気になります。ふむふむ...赤いですね…辛党の人はテンショ
ンが上がるんじゃないでしょうか…スープは「すみれ 札幌濃厚味噌」とは別物
ですわ...そもそも方向性が違うような…麺もかやくもスープも、お店の再現と
言うよりも、インスタントラーメンとして割り切った感じかな…決してそれが
悪いワケじゃなくて、これはこれでいいと思う。実際、僕の周りではゴールド
の方よりも、こっちが好きっていう人もいてましたから…単に辛味噌で仕上げ
た薄っぺらいスープではなくて、動物系、魚介系の利いた、コクのある旨辛味
噌スープ…具材の白菜キムチやキムチパウダーが、いい味出してます。ただ
「すみれ」らしさっていうのはわからないけど、辛味も程良く出ていますね…
熱湯5分の平麺ですが、モロに油揚げ麺的な太麺なんですよ..お店の再現という
意味では、マイナスになるんでしょうが…カップ麺としてのバランスで言えば
僕はこちらを支持しますね...ノンフライ麺と比べると、些かチープさは感じる
けど、スープの持ち上げ、コシの強さ等…非常によく出来た麺だと思います。
かやくはキムチ、豚肉、ネギ、赤唐辛子なんですが、白菜キムチの発酵した
甘味、酸味が実に良い!かやくの主役として、いい仕事をしてたと思います。
しっかりとした丼カップもいいけど、タテカップのお手軽感もいいなぁ〜と
思ってしまいました。


cup309_b.jpg

【セブンプレミアム「蒙古タンメン中本」】

続いて「蒙古タンメン中本」です。言わずと知れた超人気シリーズで、元々
「辛さ」を売りにしているお店のカップだけあって、辛さに対する考え方が
根本的に違う...ただ辛いだけではなく、辛さの質も含めて、よく考えられて
いる商品だと思います。本当は「北極」が食べたいんですけどね…あんまり
店頭に並んでないんですよ…小袋は上ブタに貼りついた辛味オイルのみ…熱湯
5分で出来上がりです。豆腐にキャベツ、木耳、豚肉、ニンジンとなかなかの
具沢山で、まるで豆腐チゲを思わせる赤いビジュアル...うん...「北極」と比べ
ると辛さは大人しいけど、同社の「とんがらし麺」とかと比較しても、遥かに
コチラの方が攻めている印象...またパッケージにも書かれているように、辛さ
の中にも旨みをしっかり感じることができる…野菜の旨みにポークエキス…
特にタマネギの甘みがよく出ていますよ…勿論、辛味噌が味の骨格になっては
いるんだけど、ベースがしっかりしてるから、薄っぺらくならないんですよ…
特筆すべきは、熱湯5分のストレート平麺…この麺はすごいなぁ…通常のヌー
ドル麺で使われている平麺とは別モノ!経時劣化の少ない、超弾力のなめらか
平麺...弾きやすそうな感じはするものの、スープの持ち上げもなかなか…でも
弱いスープなら負けてしまうだろうなぁ…このレベルの高いカップが、セブン
ではいつでも買えるのが嬉しいですね...さすがセブンやわ...


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2016年10月28日 10時33分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
メンさん、こんにちは!

◎すみれ 味噌キムチ
これ、なかなかおいしかったのですが、非常にスナック的でしたね!

日清って「有名店シリーズ」をはじめとして、
油揚げ麺臭やスナック感の少ない非常に優秀な油揚げ麺を持ってますが、
もしその麺だったら全体の印象も大きく変わっただろうなぁと思いましたね!

使う麺一つでスナック感満載の仕上がりになったり、
リアル感が出たりと、油揚げ麺の世界も深いということを
感じさせてくれたカップ麺でもありましたね!

◎蒙古タンメン中本
セブンの「蒙古タンメン」シリーズはクオリティが高いですよね!

辛さに関しては当然ながら「北極」には及ばないものの、
こちらは看板具材でもある豆腐もしっかりと入っていて、
なおかつ「辛いけど旨い」スープが上手く再現されていて、
その深みにはうならされるものがありましたね!(●・ω・)

でもって、こちらの麺は「すみれ 味噌キムチ」とは違って、
「有名店シリーズ」の麺に比較的近い質の高いものとなっていて、
このあたりも日清の技術力の高さを感じさせてくれますね!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
2016/10/28(金) 13:38:24 | URL | かーと #pYvi7Xj2[ 編集]
>かーとさん...

いやぁ〜、深い...深すぎる...

軽く考えていたカップ麺の世界ですが...
最近はさらに奥深さを感じるようになりました。

これはお店のラーメンではなく、あくまでも多くの人が手に取る
カップ麺なんですよね...だからこそ、お店のラーメンとも違う
難しさがあると思います。

スープも麺もかやくも、色んな制約があって...
それを予算内にまとめて商品化する。

カップ麺もバカには出来ないですよ...
2016/10/28(金) 14:31:56 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By