2016年10月21日
あっぱれ屋(こくまろ塩ラーメン)@京都府
161020_1.jpg

信楽の「天下一品 上朝宮店」を出て、次に向かったのは…城陽にある行列の
出来る店...「あっぱれ屋」さん…行きかけに通りかかった時は、超混雑してた
んですが、帰りはラッキーなことに空いてたんですよね…こっちからの角度で
お店を撮すのは久しぶりです。(いつもは行列が出来ているので…)やはり
お昼の時間をずらしたのが正解だったかな…

161020_2.jpg

前回はこってりの「濁とろ」を注文したので、今回は基本の「こくまろ塩」に
しましょうかね...「塩」一本のカエシで勝負しているんですが、個人的には
「醤油」が復活してほしいな…と。

161020_3.jpg

卓上には、 入れすぎ危険の「コショウオイル」が…ハイ、いつも入れすぎて
しまいます。胡椒好きにはたまらないのですよ...色んなお店の薬味の中でも、
一番気に入っていると言っていいと思います。

161020_4.jpg

【こくまろ塩ラーメン(750円)】(’16.10.17実食)

スープの濃度の違いで「こくまろ」と「濁とろ」に分けてから、初めて頂く
「こくまろ塩ラーメン」…一般の人にも受けがいいように、サラリと軽く仕上
げているんだろうと思いながらも、ビジュアル的にはほとんど変わりない…
隠し包丁の入った太メンマに、煮玉子、小口葱…そして、あっぱれ屋自慢の
低温調理チャーシューが綺麗に盛り付けられる…

161020_5.jpg

なるほど…確かに「濁とろ」と比べると、さっぱりとしていますね...豚の背ガ
ラをたっぷり煮込んだスープに、鰹の風味の漂う軽やかな口当たり…カドの無
い塩ダレでまとめており、パンチの面では「濁とろ」に負けるけど、素材の
旨みやバランス的には、こちらの方が上かもしれない...これなら毎日でもいた
だけそうです。

161020_6.jpg

スープがやさしくなった分、麺の存在が際立つのだけど...もちもちとした弾力、
豊かな風味の自家製極太平打ち麺は、相変わらず旨いんですよ…スープとの
バランス的で言えば、弾く感じもするんだけど…その分、自家製麺の風味が
強く感じられて...これはこれでいい…って言うか、今回も大盛りにしてもらう
のを忘れてしまいましたわ…(大盛無料なんです♪)

161020_7.jpg

途中でお約束の「コショウオイル」を投入する...ああ…たまらん!マッタリと
したやさしい口当たりスープを、ガツンと引き締めます。濃厚な「天下一品」
の後だったので、余計にさっぱりと感じたけど...このさっぱりとした魚介豚骨
は、アリだなと思いました。久しぶりにご夫婦の元気な姿も見ることが出来た
し、新しいお弟子さんも加わって、ますます繁盛しそうですね♪...ウチにも
お客さん、回してもらわれへんやろか…(笑)


俺のラーメン あっぱれ屋
(住所)京都府城陽市奈島下小路11
(時間)AM11:30 ~ PM2:30(売り切れ次第終了)
(休)日曜日、祝日、第4土曜日 (P)あり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2016年10月21日 22時52分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback:0
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By