2016年07月12日
優心(トムヤムひやかけ)@東住吉区
160711_1.jpg

毎度毎度の「優心」さんです。距離が近いっていうのもあるんだけど、新作が
出来る度に声がかかるので...ついつい行ってしまいます。(*^_^*) 昨日のお昼
のレポートですわ...こんなに通っても飽きないのは、やはりたっぷりと野菜が
摂取できるからでしょうね...

160711_2.jpg

僕はうどんもラーメンも、スタンプラリーの類は参加したことがないのですが
(どうせ全部は行けないので)「関西うどんグランプリ2016」の「ひやかけ
ラリー」に参加しているみたいですね...他のお店は正統派な「ひやかけ」を
提供してるみたいなんですが…

160711_3.jpg

「優心」さんはコレ...「トムヤムひやかけ」で参加…優心さんらしいと言えば
それまでなんですが…(笑)思いっきり、変化球でございます。

160711_4.jpg

この日は来月から始まる、新作のこともありますからね…連食はせずに、ここ
だけで済ませますよ...先に注文を通したら、いつもの如く優心自慢のお惣菜や
サラダをいただくことにしましょう…

160711_5.jpg

この皿になってから、使いやすくなりましたよ…この日のお惣菜は里芋と椎茸
の煮物、もずく酢、ゴーヤとサバのみそ煮…私、ゴーヤが大好きなんですよ…
レタスやスティックキュウリ、玉葱のスライスの上には、うどんのフライ麺を
ふりかけて、濃厚な「味噌マヨネーズ」でいただきます。これから大量にうど
んを摂取する前の「儀式」みたいなもんですわ…(笑)先に野菜からいただく
と、胸焼けしないんですよね…

160711_6.jpg

【トムヤムひやかけ(1,100円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらが「優心」さんらしい「ひやかけ」...「トムヤムひやかけ」でございま
す。手前のはトッピングになるんですが、主役は後ろの器ですよ…こちらの
レギュラーである「トムヤムうどん」の冷やし版ではあるんですが、そのまま
冷やしたのではなく、ひやかけ様に改良されています。

160711_7.jpg

「ひやかけラリー」のルールとして、麺とお出汁以外は載せてはいけない…
もし載せる場合は、別皿にトッピングとして用意すること...だそうです。で…
ひやかけ用のスープですが、さっぱり感を出すために、動物系の白湯スープは
加えておりません...利尻産をメインとする北海道産昆布、鰹、さば、うるめ、
宗田節の旨みの詰まったかけだしに、大蒜、エシャロット、コブミカンの葉、
レモングラス、チリペッパー等のペーストを合わせている…さらにココナッツ
ミルクを加えることにより、まろやかさをプラス...トムヤムらしい酸味と辛味
コクがありながらも、後口がさっぱりした和風トムヤムスープに仕上げていま
す。「温」とはまた違った旨さがありますね...

160711_8.jpg

たっぷりのもやしの上に、豚肉は65g以上、あとは歯応えのある落花生に、
ネギと糸唐辛子...この具材自体がしっかりと味付けされており、このまま
食べても美味しいんですが、後で面白いことになるんですよね…

160711_9.jpg

麺量は300gでお願いしたんですが…さすが、エスニック系のスープと相性の
いい優心さんの自家製麺...白い生地の中には、目の粗めの全粒粉と細か目の物
をバランス良く配合しており、伸びやかで適度な弾力と風味がたまらんのです
よね…冷やしということで、辛みが伝わりにくいのですが…物足りない場合は
卓上の「鬼(激辛一味)」を加えればいいと思います。麺と冷製トムヤムスー
プを堪能した後は…

160711_10.jpg

別皿の温かいトッピングを、底のタレごとトムヤムスープに投入すると…これ
がまた最強に美味くなるんですよ…麺にもやしが絡んだ食感に、ナッツ類の
香ばしさも加わる...さらには味付けした豚バラスライスが合わさることにより
スープに動物系の旨味が加わる…これ、面白いじゃないですか…ちなみに
「トムヤムうどん」はレギュラーですが…今回の「トムヤムひやかけ」は
「ひやかけラリー」期間内だけの限定となっていますので、ご注意下さい♪

160711_11.jpg

では...来月から始まる新しいメニューも紹介しましょう…優心のエスニック
シリーズの新作…「レッドカレーつけ麺」でございます。大好評の「グリーン
カレーつけ麺」と共に、レギュラーメニューとしてラインナップに加わるみた
いですよ…具材をはじめ、提供方法もグリーンと同じ感じになると思います。
自家製ピクルス(胡瓜、人参、大根)も前回同様、お洒落に添えていますよ...
タイカレーではグリーン、レッド、イエローと3種類のカレーが有名なんですが
青唐辛子(プリッキーヌ)を使った刺激的な辛みが特徴の「グリーン」に対し
「レッド」はどう攻めてくるのか...

160711_12.jpg

一般的には、グリーンより辛味が控えめな赤唐辛子を使っているのですが…
これまた結構な辛味ですね...感覚的にはグリーンと変わらないかも…まったり
と濃厚な深みのある味わいで、かなり旨いですよ...豚と鶏の白湯スープに、優心
自慢のかけだしを合わせ、ココナッツミルク、赤唐辛子、大蒜、レモングラス
を始めとするレッドカレーの香辛料を合わせて作っているんですが、隠し味の
白味噌の配合の問題か、少し重みを感じますね...このあたりは、スタート時に
きっちり調整してくると思います。

160711_13.jpg

おお…辛い、辛い、旨い、旨い...粘度があるので、濃厚に麺に絡んできます。
もちろん「美味しくいただける辛さ」ではあるんですが、辛みに耐性がない人
はノーマルでいただいた方がいいでしょうね...僕が次回注文する際は「1辛」を
お願いするかな…トムヤム同様、エスニックなスープと優心の平打ち麺は相性
が最高にいいんですよ...スープの中には、鶏ささみ、しめじ、玉葱、ししとう
茄子とかなり具沢山…ほぐしたささみ肉が、いい仕事をしてるし、底の玉葱の
シャリシャリ感もいいアクセントになってます。これまたヒットの予感♪

160711_14.jpg

この日のデザートは、沖縄直送の「ドラゴンフルーツ」ですわ…まるで紫蘇
漬けしたような、鮮やかな色をしてるんですが…甘味は控えめの、やや淡白な
お味なんですね...調べてみると、ドラゴンフルーツの糖分は、果糖ではなく
ブドウ糖だそうな…初めていただいたのですが、これがうどん屋さんでいただ
けるのが面白いでしょう?

160711_15.jpg

サービスでいただいたのが「パッションフルーツ」...加工品ではいただくこと
があるものの、こんなにグロい(失礼w)ビジュアルなんですね…スプーンで
すくっていただくと、種のパリッとした食感とすっきりした酸味、甘味が最高
じゃないですか…邪魔臭がりの自分は、日頃からフルーツとかも食べないので
(嫌いではない!邪魔臭いだけ...)この日は色んな発見がありましたわ…

さて...現在好評発売中の「トムヤムひやかけ」と、来月スタートの「レッド
カレーつけ麺」…どちらも優心さんらしい一杯なんですが、ひやかけラリーの
方は期間限定ですからね…お早めに♪...(*´ω`*)


体にやさしいうどん店 優心
(住所)大阪市東住吉区杭全5-13-29
(TEL)06-6719-8766
(時間)AM11:30 ~ PM3:30〔月、水、木曜日〕
    AM11:30 ~ PM3:30 PM5:30 ~ PM8:00〔金、土、日、祝〕
(休)火曜日 (P)あり


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2016年07月12日 22時12分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:4 Trackback:0
わああ、これはったまりませんね( ゚Д゚)

ぜひともたべたいっ

実はグリーンカレーもまだなんですよ…

2016/07/12(火) 22:37:49 | URL | やよ~ん♪(ヤヨ) #-[ 編集]
なんとトムヤムが冷かけに…_φ(. .*)

そして「ひやかけラリー」には
トッピングのルールとかもあるんですね!

それが功を奏したと思われる
後半のマッチングも非常に気になりました。

サラダ(惣菜)バーも相変わらず
魅力たっぷりで美味しそうですし♪

グリーンカレーと新作のレッドカレーは
レギュラーメニューなら自分にも有り付くチャンスが(笑)
2016/07/13(水) 15:53:49 | URL | taka :a #8kSX63fM[ 編集]
>ヤヨちゃん...

今度の飲み会の〆に
しっかりと堪能してくださいな...

みんな気に入ってくれたらいいけど...(*^_^*)
2016/07/14(木) 09:48:51 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
>takaさん...

トムヤムのひやかけって、珍しいでしょう?
温度による凝固とかも考慮して、動物系スープを
合わせなかったりと、色々と工夫されてますわ...

ただ、冷やしにすることで、辛味が感じにくくなるのが
問題なんですけどね...これに合う辛味オイルとかがあれば
いいんですけど...
2016/07/14(木) 09:53:32 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By