2016年07月10日
カップ麺Watch(NO.295)
たまっているカップ麺のレポを、進めていきましょう…もう店頭に並んでいな
いか、あっても古いバージョンだと思われますので、ご了承ください…今回は
明星の意欲的な豚骨をピックアップ…油そばで有名な東京吉祥寺の「ぶぶか」
の店カップ...「にんにく背脂豚骨らーめん」と「バリカタ 辛とんこつ」を
とり上げてみました。僕は明星の豚骨系ラーメンが、結構気に入ってるんです
よね...早速いただいてみましょう♪

cup295_a.jpg

【明星「ぶぶか にんにく背脂豚骨らーめん」】

まずは「ぶぶか にんにく背脂豚骨らーめん」から…以前、「にんにく醤油豚骨
らーめん」はいただいたことがあるんですけどね…上ブタをめくると、粉末
スープと調味油の小袋が2つ…熱湯3分で出来上がりです。どちらかと言えば、
キレで食わせるタイプではなく、旨味重視のスープなんでしょうが…さほど
ボディが厚いワケでなく、カエシも弱めなので、大人しい仕上がり…この辺は
前回も同じ様に感じたのですが…“炊き出した豚骨に、香味野菜、醤油で味を
整え、ペッパーでキレのある背脂豚骨スープににんにくを加え、パンチのある
味わいに”...とある。背脂の存在はさほど目立つものではない…ただ、もう少し
メリハリを効かせてくれれば…と。僕は途中で「鬼」を投入してピリ辛仕様に
したら、これがまたヒット!ぼんやりしてたスープの輪郭が引き締まって、
いい感じに…この中細ストレートの油揚げ麺が秀逸なんですよね…なめらかで
心地よい歯切れは見事です。そぼろ肉にスクランブルエッグ、ネギ、フライド
ガーリックと、かやくもそこそこ頑張ってます。もっとどギツイ印象の一杯を
想像していただけに、少し肩透かしを食らったような感じかな...


cup295_b.jpg

【明星「バリカタ 辛とんこつ」】

続いて「バリカタ 辛とんこつ」です。このシリーズもかなり人気がありますよ
ね…主役は熱湯60秒の細麺となるんですが...「バリカタ」と聞いただけで身震
いするのは、きっと僕だけではないでしょうか…(暗い過去が甦るw)上ブタ
をめくると、かやく以外は全部後入れの粉末、液体スープに辛みその小袋が…
この小袋をしぼったり、モタモタする時間を考慮して、熱湯を注いでから45秒
ぐらいで開けてみる…それぞれを手早くかき混ぜて出来上がり…ふむ…苦手な
口の中でドロッと溶ける感はないものの、かなりしっかりと粉感を残した極細
麺ですわ…これは好きな人にはたまらないでしょう…僕はやっぱり得意では
ないけど…(笑)でもそれだけ本格的ということですよ…スープは白濁した、
オーソドックスな豚骨スープ...ややお湯少なめで作ったのですが、かなりいい
感じですね…辛みそを攪拌させると、ニンニクの風味と辛味が広がって、一段
と旨味とコクが増しますね...ベースとなる豚骨スープにコテコテと手を加えな
い分、麺の良さや辛みその旨味が際立って、いい感じにつながっているのでは
ないかと…かやくはチャーシュー、ニラ、ネギ、唐辛子とそれなりの仕様です
ね…とにかく今回の主役は、本格的なバリカタ麺とコクのあるスープ…それだ
けで十分だと思います。

□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2016年07月10日 22時33分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
メンさん、こんばんは!

◎ぶぶか にんにく背脂豚骨らーめん
これの前に出た「ぶぶか にんにく辛豚骨らーめん」が良かったのですよね!
なので、このシリーズは唐辛子系の辛味との相性は抜群だと思います!

今回の「背脂豚骨」は名前の割にちょっと大人しい印象で、
にんにくは効かせつつも丸くまとめてきた感じでしたね!

明星は油揚げ麺でも豚骨向けの麺には強いのですよね!(●・ω・)

ストレート感がちゃんとあって、歯切れの良さもあるなど、
油揚げ麺、ノンフライ麺ともに他社を一歩リードしてますね!

◎バリカタ 辛とんこつ
このシリーズはほんと麺がいつもながら秀逸ですね!
豚骨向けのノンフライ麺では明星の強さは特に光ってます!

パツパツした食感にほどよい粉っぽさの残し方など、
豚骨ラーメン向けの麺の特徴がよく再現できてますね!

ベースのスープはごく大人しめの豚骨という感じですが、
辛ダレの存在感が生きていてなかなかの満足度でした!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
2016/07/10(日) 23:30:00 | URL | かーと #pYvi7Xj2[ 編集]
【明星「ぶぶか にんにく背脂豚骨らーめん」】

背脂の存在感に多少の不満を感じましたけど
具材のフライドガーリックがイイ仕事してましたね!

大盛バケツ型らしくジャンクでありながら、
決して大雑把ではない仕上がりに好感が持てました。

欲を言えば、もっと尖って欲しかったところですが(笑)


【明星「バリカタ 辛とんこつ」】

このノンフライ麺は手放しに楽しめますよね!

やはりハシダさんには少し抵抗があったようですが(笑)
博多系ノンフライ麺の中では最高峰の出来だと思ってます。

ベースの豚骨に荒々しさを求めると物足りなかったですけど、
バランスの良い辛味噌が物足りなさを補完してくれるようで、
結果的に良い印象を残してくれたカップ麺でした。
2016/07/11(月) 15:47:45 | URL | taka :a #8kSX63fM[ 編集]
>かーとさん…

いつも参考になりますわ…( ^ω^ )
あまりメーカーの傾向とかは気にせず食べてたんですが
確かに、得手不得手はありますね…

セブンの高級店カップを食べてて、日清と比べても
明らかに豚骨に関しては、明星の方がレベルが高いように
感じましたわ。
2016/07/12(火) 11:10:31 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
>takaさん…

博多系極細麺のバリカタに関しては
「○と龍」で食べたドロッとした麺が
トラウマになってるんですよね…

アルファ化さえしてれば、問題なく食べれるん
ですけどね…

ちなみに牛骨でトラウマになったのは、
「○こと屋」なんですが、ここは改めてリベンジ
しようと思ってます。
2016/07/12(火) 11:17:57 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By