2016年04月18日
カップ麺Watch(NO.286)
サッポロ一番から地域限定で販売されていた「和海」と「三つ葉」のカップ...
セブンでしか手に入らないということで近所を探し歩くも、全く手に入らず...
諦めかけていたところに、ラーメン仲間のお客さんが「和海」だけだけど、
わざわざ届けてくれまして...嬉しいのなんの...カップ麺の記事も貯まっている
んですが、先にUPさせていただきましょう...カップリングで選んだのは...
「ラーメン魁力屋 背脂醤油ラーメン」...残念ながら、こちらのお店は未訪なん
ですが、だいたい味の予想はできます...(笑)早速いただいてみましょうか...

cup286_a.jpg

【サッポロ一番「らーめん専門 和海 塩味」】

まずは「らーめん専門 和海 塩味」から...言わずと知れた兵庫NO.1の人気店
「和海」さん...僕が最も愛するお店の一つなんですが...今回の店カップ...あまり
評判がよろしくない...まぁ、僕も即席麺をかなり真剣に食べているだけに、店
カップにすることによって、どのように劣化するかは想像がつくのですが...
(その劣化具合も楽しんでたりして♪)

上ブタの上には、後入れの調味油の小袋がかなり強力にくっついてますw熱湯
3分で出来上がり...ふむ...特徴的な「車麩」とはいかないまでも、可愛い「お麩」
が3枚に、固めの鶏肉、ネギが入っている...早速スープからいただくと...なるほ
どねぇ...まぁ、地元のファンが言う事も、わからないワケでもない...スープ単体
のテイスティングではそれらしい味は(薄っぺらいけど)出しているんですが
若干、塩味が刺さるし、調味油が全く違う...それより一番の問題は、油揚げ麺
のネガな部分が、繊細な鶏塩のスープにモロに影響を与えてしまっている...
何でこの麺を選択したんだろ...(^_^;; まるでうどんを細くしたような白い油揚
げ麺なんですが、スープを弾いて上がって来ない...鶏の旨みはそこそこ出てい
るんだけど、麺に絡まないと話にならない...まぁカップ麺に向いているのは、
どちらかと言えば「タレ主体」のラーメンの方が再現しやすいワケで...「和海」
のような旨味重視のラーメンは、カップには難しいんでしょうね...袋麺であれ
ば、麺の茹で湯とスープは別々に作れるけど、カップだとそういうワケには
いかない...そういう意味では、後から発売された「藤原製麺」の袋麺はかなり
期待していいんじゃないでしょうか...

結構厳しいレポになってしまったのですが、これが「和海」の名が入っていな
ければ、普通に美味しいカップなワケですよ...店カップに対する厳しい意見は
そのままお店に対する愛情の表れだと思ってます。僕らが他府県の未訪問の
お店のカップを好き勝手に書いているんですが...きっと地元のファンの人も、
同じような思いをしているんでしょうね...ま、それもひっくるめてカップ麺を
楽しめればいいんですけど...


cup286_b.jpg

【サッポロ一番「ラーメン魁力屋 背脂醤油ラーメン」】

続いて「ラーメン魁力屋 背脂醤油ラーメン」です。ここは行った事がないの
ですが...皆の話によると、某チェーン店「来○亭」にソックリと聞いておりま
して、その体でレポートしてみたいと思います。上ブタをめくると小袋は4つ...
先入れはかやくのチャーシューとメンマぐらいで、残りは全て後入れの小袋...
熱湯を注いで3分、仕上げに後入れの九条ネギをかければ出来上がりです。
うん...やっぱりね...多分スープに関しては、結構お店の味を再現してるんじゃ
ないでしょうか...豚、鶏のエキスに野菜の旨みが加わる...コショウと唐辛子が
アクセントになってますね...そして何より背脂の甘みが最大の特徴...これは
旨い...って言うか、まさにカップ麺らしい、カエシ主体のラーメンですね...
このテのラーメンが一番カップ化しやすいんだろうと思います。麺は歯切れの
いい粉っぽさ残した低加水のノンフライ細麺...これはかなりの好印象ですね...
かやくに関しては、価格から見ればプアに感じるけど、その他の再現性が高い
ので、許してしまいます。

今回は明暗が分かれてしまった2つの店カップなのですが、大体予想していた
通りになってしまいましたね...これはお店のラーメンの差ではなく、あくまで
も再現性の話です。僕の様に、カップ麺のコレクターであり、お店のラーメン
も食べ歩く人間にとっては、こんな変化も楽しんでしまうんですよ...ただ一つ
言えるのは「お店で食べれば、こんなモンじゃないぞ!」ってこと...(・Д・)ノ


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2016年04月18日 22時13分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback:0
【サッポロ一番「らーめん専門 和海 塩味」】

こういう繊細そうな味わいこそ
せめてノンフライ麺(どんぶり型)
のカップ麺で再現してほしいですよね。

店の味をしっているハシダさんだからこその
厳し目に見たレポートは、参考になりました。

単純にカップ麺として見たら楽しめそうですけどね!


【サッポロ一番「ラーメン魁力屋 背脂醤油ラーメン」】

これは自分の中でも評価の高いカップ麺で
当ブログでは★6を叩き出してます!(2015年版)

取り分けノンフライ麺の完成度が高く、
スープに派手さはなくとも特徴は明白に感じられ、
具材の後入れ葱も効果的。結構なお値段しますけど、
それだけの価値は見出せるカップ麺だと思っています。

そんな私も本店未経験者なんですけどねw
2016/04/19(火) 02:51:13 | URL | taka :a #8kSX63fM[ 編集]
メンさん、こんにちは!

◎らーめん専門 和海 塩味
今回のこのシリーズは全体的に麺がネックになってますね!
明星が担当した「井出商店」は比較的しっかりしてましたが!

こうしていろんなお店カップが出るのはうれしくもありますが、
油揚げ麺でお店のラーメンの再現をするのは難しくもありますし、
しかも今回は価格帯が200円ちょうどぐらいとあまり高くないので、
各社ともコスト調整をはかりながら作った感じが強いのですよね!

そのあたりのしわ寄せが麺などに来たりしたようにも思いますね!(=゚ω゚)

「和海」の本店にはぜひ今年中には一度訪問したいと思ってます!

◎ラーメン魁力屋 背脂醤油ラーメン
同じサンヨー食品の担当ながらも、こちらはよくできてましたね!

「来来亭」的な背脂醤油らしい良さがしっかりと出ていて、
なおかつ低加水麺もなかなかの再現度で満足度は高かったです!

再現度という点でも、味という点でも納得の内容でした!

ではでは、おじゃまいたしました!(゚x/)
2016/04/19(火) 10:51:12 | URL | かーと #pYvi7Xj2[ 編集]
>takaさん...

カップ麺的にも、スープとの相性は「?」だったんですよね...
お店側に選択を委ねるカタチになったと思うんですが...
日頃からカップ麺を食べる人でないと、難しいでしょうね...
できればノンフライ麺で対処してもらいたかったな...と。

昔は僕も、食べ歩きの合間的な感じで、カップ麺を下に見てたん
ですが、Takaさんやかーとさんと知り合って、向き合う姿勢が
変わってしまったんですよ...

本当に奥が深いですよね...
2016/04/20(水) 09:57:10 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
>かーとさん...

是非訪問して下さいな...
あまりの旨さに、驚いてしまうと思いますよ...

その時に「ふわ玉チャーシュー丼(小)」も
忘れずに♪
2016/04/20(水) 10:00:12 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By