2016年02月13日
城東烈火(烈火らーめん)@城東区
160211_1.jpg

「城東烈火」さんで、レベルの高い「四種の魚介醤油らーめん」を頂いた後、
二杯目にどうしても食べたかったのが、店名を冠した「烈火らーめん」です。
庄内のお店で頂いたのが忘れられなくて...これは、どんなことがあっても食べ
ようと思ってました。豊中の庄内は遠いけど、ガモ4であの激辛中毒系の一杯
が食べれるなんて、嬉し過ぎますわ...

160211_2.jpg

【烈火らーめん/6辛(750円)】('16.1.19実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

庄内では「4辛」を頂いたワタシ...多分「10辛」でも平気だと思うんだけど、
美味しく食べるなら...「6辛」ぐらいがベストではないかと...目の前に運ばれて
来た一杯...これでも十分に辛そうなんですけど...(^_^;; 深く赤いスープの上に
豚バラチャーシューにメンマ、白葱を盛り付けています。スープを一口...結構
辛いじゃないですか...勢いよく啜ったら、咳き込んでしまいますよ...(笑)

160211_3.jpg

やっぱり中毒性がありますよね...味噌と魚介ということですが、表面のラー油
の層...そして、ざらりとした舌触りと共に、魚介もグイグイ攻めてくるので、
ベースのスープがわかりにくい程、ジャンキーな仕上がりです。これがねぇ...
たまらんのですわ...タイプ的に言えば...「辛辛魚」のスープが、同じ様な系統
だと思います。色々と細かい解説を拒む程、強烈な旨味、辛みで攻め立て来る...
皆さんの注文に聞き耳を立てていると...「10辛」を注文する人も、かなり居て
ましたよ...み〜〜んな、中毒患者なんでしょう...(笑)

160211_4.jpg

庄内でいただいた時は、池村製麺仕様だったんですが...今回は棣鄂さんの中太
の縮れ麺...加水率高めのブリンブリン麺ですわ...風味も良いし、スープの持ち
上げも良好...やはりこの「烈火らーめん」ですが、連食で食べるにしても毎回
注文してしまうかもしれない...でもね...気になるメニューが他にも沢山あるん
ですよ...種類も豊富だしね...休日が被るので、僕には敷居が高いお店なんです
が...何とか通い詰めて、全制覇したいと思ってます。


城東烈火
(住所)大阪市城東区蒲生4-16-10
(TEL)06-6955-9666
(時間)AM11:00 ~ PM2:30 PM6:00 ~ PM11:00 
(休)月曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2016年02月13日 22時28分 | 記事へ | ラーメン | Comment:4 Trackback:0
めっちゃ美味そうやわぁ~♪
やっぱ辛いのんに反応してしまう( ̄m ̄* )ムフッ♪
初めてでも6辛大丈夫でしょうかね~?
ここなら近いし今度行ってこよ~っと

今回も腹八分目の神様はサボってたみたいですね(* ̄m ̄)プッ
2016/02/14(日) 17:29:05 | URL | めーめー #-[ 編集]
>めーめーさん...

辛さに関しては、めーめーさんでも余裕で
食べれると思いますよ...

まず「6辛」ぐらいから行ってて
次回は「10辛」食べはったら?

もうね...絶対、絶対おすすめ!
それも超がつくぐらい!まさにめーめーさんのための様な
一杯やわ...ホンマ。
2016/02/14(日) 18:52:12 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
たしかにコレは食べてみたいです!(鼻息)

系統が辛辛魚なら間違いなく自分好みかと!

中毒患者さんも多いみたいですし、まずは
ハシダさんオススメの6辛で食べてみたいです。

そして納豆を推してくるとは…ツウですなw
2016/02/15(月) 00:32:30 | URL | taka :a #8kSX63fM[ 編集]
>takaさん...

はいな...あの系統が好きな人なら
ドンピシャですわ...

大阪では、是非食べてもらいたいラーメンが
沢山あるんですよね...
何回かに分けて、来てもらわないと...(笑)
2016/02/15(月) 21:42:41 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By