2016年01月05日
中華料理 明洋軒(フライ麺)@阿倍野区
160105_1.jpg

今年の営業が本日からスタートしまして...本来なら、カラダがだるい〜〜とか
言う人もいるんでしょうが...僕の場合は、仕事をしている方が規則正しくて、
体調がいいんですよね...特に何日も休みが続くと、体重は増加するし...ロクな
事は無い...(´ε`;;) ということで、元の生活に戻さないとね...ブログの方も
貯まった記事と新しいのを、バランス良く消化していくつもりです。で...
本日は過去記事でございます。我が町、美章園界隈で長く愛されている中華屋
さん「明洋軒」...この日はどうしても食べたいメニューがあったんです。

160105_2.jpg

こちらは定食類もかなり充実しているんですよね...お昼以外にも注文が可能
みたいだし...色々と目移りしてしまうんですが、僕の意志はカタいですよ...
狙うはただ一つ!

160105_3.jpg

【フライ麺〔かた焼麺〕(630円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

実は...生まれて初めて「カタ焼そば」をいただいたのが、こちらのお店だった
んですよね...僕が中学生の頃かなぁ...僕にとっては衝撃的で、正直あまり美味
しく感じなかった...でも、色んなお店で食べるうちに抵抗がなくなってきて...
むしろ大好きになった今、僕の過去の印象を払拭することができるのか...と
こちらの「フライ麺〔かた焼麺〕」を注文させていただきました。湯気が
たち上がる熱々の餡がかかっての登場です。

160105_4.jpg

なるほどなぁ...通常の「皿うどん」とかと比べても、明らかに歯応えが強く...
いくら餡がかかっても、しんなりするような様子はない...ベビースターぐらい
の細さの揚げ麺なんだけど、ハードな歯応えの為により太く感じてしまう...
これを生まれて初めて食べたら、面を喰らうでしょうね...白菜、エビ、もやし
豚肉、ニンジン、玉葱、イカ等...具材もたっぷりで、トロミをつけてほんのり
醤油味でまとめている...味付け自体は懐かしさを感じるやさしい味わい...

160105_5.jpg

やさしい餡とは対照的に、ハードな食感のフライ麺...このお店ではかなり人気
のあるメニューみたいです。僕個人的には「極細フライ麺派」なので、好み
からは外れるけど、中毒になる人がいるのもわかります。いつものように途中
から「鬼」をぶっかけて辛味武装!ピリッと輪郭が際立って、旨さ倍増...
美味しくいただくことが出来ました。こんなに麺の主張が強いフライ麺は、
珍しいと思いますよ...ごちそうさまでした。


中華料理 明洋軒
(住所)大阪市阿倍野区美章園2-25-8
(TEL)06-6719-5732
(時間)AM11:00 ~ PM9:00
(休)水曜日 (P)なし


□■地域別・B級グルメ食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2016年01月05日 22時14分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:2 Trackback:0
ハシダさんが中学生時代ということは
かなり長く経営されているお店なんですね。

たしかに通常の皿うどんとは
明らかに違うハードなオーラを感じます(笑)

私も極細フライ麺派なので、
好みからは外れてしまいそうですが、
中毒になる人がいるという表現に対して
素直に頷ける雰囲気は伝わってきました。

たしかに人生初がコレだったら
食べた時のインパクトは凄そうですw
2016/01/06(水) 00:12:19 | URL | taka :a #8kSX63fM[ 編集]
>takaさん...

もう半世紀以上は営業されていると思いますよ...
一階の店舗だけでなく、上では宴会も出来るような
かなり活気のあるお店だったんですよ...今でも
沢山の常連客がいらっしゃいます。

僕はパリパリのフライ麺が、餡を吸って
しな〜っとなりかけた所が好きなんですよ...
ここのはちょっと、僕にはハード過ぎるかな...
2016/01/06(水) 09:16:26 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By