2016年01月02日
優心(豚鶏パイタンつけうどん)@東住吉区
151226_1.jpg

昨年最後の連休の月曜日に訪問したのが、ご近所の「優心」さん...いやぁ...
昨年は通いましたよ...ってか、こちらのお店のおかげで、うどんに真剣に
向き合うようになったと言っても過言じゃない...本当に一生懸命で研究熱心な
店主さんなので、ついつい応援したくなるんですよね...あと、うどんにしては
細めの平打ちスタイルで、ラヲタには馴染みのある「つけ麺」の麺に近いと
いうのも、抵抗感なく入れた一つの要因かもしれない...

151226_2.jpg

店主の大原君から、ついにあの「つけうどん」が完成したというので、早速
頂きに参上したワケです。試作品は何度か頂いているんですけどね...まだどう
しても、細かい所が煮詰まってなかったみたいですわ...店内に掲げている意欲
的な創作うどんの数々...どれもが思い入れの強い一杯ですね...

151226_3.jpg

まずは優心自慢のお惣菜やサラダをいただきましょう...これだけでも十分に
価値があるんですけどね...白菜のゴマ和えに紫芋の甘露煮(これが甘くて旨い
んですよ...)紅白なますにレタスや玉ねぎ、スイートコーンを盛り付けて、
定番の「味噌マヨネーズ」でいただく...一般的に茶色(揚げ物)が多いうどん
屋さんの中にあって、新鮮な有機栽培の野菜をたっぷりいただけるっていうの
は、ものすごく嬉しいことなんですよね...自家製ドレッシングが充実してるの
も、ポイントが高いと思います。

151226_4.jpg

【豚鶏パイタンつけうどん(1,180円)】
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

完成まで時間がかかりましたが、ようやく納得できるものが完成したみたい
です。元々はラーメンのような動物系のスープで、うどんを食べたら絶対に
旨いに違いないというところからスタートしたんですが...スープの濃度や粘度
塩分の立ち加減等、色々と改良に改良を重ねたみたいですね...大東の某店主
には、かなり力になってもらったみたいです。まずは「あつもり」からいただ
くことにしましょう...

151226_5.jpg

豚8、鶏2の動物系に、煮干、ウルメなどの魚介系が加わる...スープと共に
炊き込んだ豚バラ肉は、つけ汁の中に最初からダイブさせており、多めに背脂
も浮かべている...シャリシャリの玉葱と胡麻、三つ葉を浮かべているんですが
へ〜っ...本当にバランス良く仕上がっていますね...背脂の甘みやコクも増して
ちょうどいい塩梅じゃないですか...最初の頃より、かなり美味しくなりました。
「つけ麺」なのか?と思いきや...ちゃんと「うどん」になっています。

151226_6.jpg

つけ麺が苦手っていう人が、どうしても気になるのが、つけ汁の温度が下がる
こと...「ひや」でいただくと、尚更でしょうね...うん...この「あつもり」はいい
ですね...茹で加減も絶妙で、最後まで緩むことなく食感も楽しめる...これなら
つけ汁が冷める事も少ないでしょう...

151226_7.jpg

最後の方、麺がくっつきやすいとか...問題が無いワケでもないけど、つけ麺に
不慣れな人は、特にこの寒い季節...「あつもり」を選択した方がいいかと思い
ますね...本当に旨いですよ...

151226_8.jpg

途中で真っ赤な柚子こしょうをスープに溶かすと...これまた風味が増すんです
よね...九州産の柚子と、完熟唐辛子を練り合わせた「たらすと」という柚子
こしょうで、ピリッとした辛みと鼻に抜ける香りがたまらない...

151226_9.jpg

お次は「ひやもり」でいただきました。いや...さっきの麺が400g以上あった
みたいなんですが...これも300gはありますよね...(´ε`;;)食後にデザートの
「パンナコッタ」が食べたかったんだけどなぁ...

151226_10.jpg

やはり盛付けは「ひや」の方が綺麗ですね...しかも、キンキンに〆ているワケ
でなく、これまたちょうどいい状態で提供してくれます。「あつ」に対して
つけ汁が冷めやすくなるのは仕方ないけど、優心さんの麺の旨さを素直に堪能
出来るのは、こっちになるでしょうね...

151226_11.jpg

しかも今回は「電子レンジ」も用意しているので、つけ汁の温度に関して、
どうしても気になる人は、対応出来ると思います。この300g程度の麺量で
あれば、僕は問題なくいただけました。個人的には「ひや」の方が好みかなぁ...
これは好みの問題でしょう...目の粗めの全粒粉と細か目の物を、バランス良く
配合した、非常になめらかな平打ち麺...ついつい食べ過ぎでしまいます。

151226_12.jpg

もう一つの楽しみと言えば...自家製豆腐を最後まで残してたんですよね...
ここの豆腐は大豆の味が濃厚でして、本当に美味しいんですよ...この豆腐を...

151226_13.jpg

つけ汁の中にダ〜〜イブ!さらには「あと飯(+100円)」も用意しておく...
冷たい麺と豆腐を加えたスープは、さすがに温度が下がってしまいます。

151226_14.jpg

そこで電子レンジで「20秒」ほど加熱...熱々の状態に元通り...これ、単に温め
るだけでなく、レンジをかけることにより...スープが丸くなるような気がする
んですよね...タマネギも甘くなるような...レンジ加熱も悪くないな...と。

151226_15.jpg

熱々のところに、ご飯を投入!最強の雑炊の完成ですわ...ある意味うどんにも
全く負けてない、つけ汁を最後の一滴まで堪能出来る、ベストな食べ方では
ないかと...やはり日本人はご飯になるんでしょう...「中華麺+ご飯」の組み合
わせよりも「うどん+ご飯」の方が、明らかにしっくりくるような気がします。
お米もいいのを使ってますしね...(*´ω`*)

今回の「豚鶏パイタンつけうどん」...限定ではなくて、レギュラーメニュー
として提供されているみたいです。人気の方も上々だそうで...未食の方は是非
食べてみてほしいですね...今年も「優心」さんは、色々と考えているみたいで
すわ...楽しみにしてましょう♪


体にやさしいうどん店 優心
(住所)大阪市東住吉区杭全5-13-29
(TEL)06-6719-8766
(時間)AM11:30 ~ PM2:00 PM5:30 ~ PM8:00〔水~日・祝〕
(休)月曜の夜の部、火曜日 (P)あり


□■B級グルメ食べ歩きing・・番外編■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/bangaihen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2016年01月02日 22時30分 | 記事へ | グルメ(ラーメン以外) | Comment:7 Trackback:0
ブログではですが、
本年もよろしくお願い致しますm(__)m

大原さんホンマ悩みぬいての渾身のつけうどんですよね~♪

2016/01/02(土) 22:51:39 | URL | ジュン爺☆彡 #-[ 編集]
このお店は本当に気になってて
今年こそは足を運んでみたいと思ってます!

そして遂に完成しましたか・・・(生唾)

> 「つけ麺」なのか?と思いきや...
> ちゃんと「うどん」になっています。
この絶妙なバランスが気になって仕方ありません。

そして「たらすと」も見過ごせない!(鼻息)

レンジ加熱すると色々な風味が
飛んでしまいそうなイメージがあったんですけど、
レンジ加熱だからこそのメリットもあるのですね。

全粒粉うどんも気になる・・・あぁー気になる!w
2016/01/02(土) 23:33:09 | URL | taka :a #8kSX63fM[ 編集]
>ジュン爺さん...

今年もよろしくお願いしますわ...

ジュン爺が言ってたように、〆ご飯の中に豆腐を入れて
熱々加熱でいただいたら、本当に美味かったですわ...

このつけうどんは、多くの人に支持されそうですね...
2016/01/03(日) 17:21:13 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
>takaさん...

ここはうどんもですが、雰囲気が最高にいいんですよ...

ついつい長居してしまうと思います。

是非、立ち寄ってやって下さいな...

2016/01/03(日) 17:25:01 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/01/03(日) 21:42:05 | | #[ 編集]
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

優心さんの豆腐、とても美味しかったのでつけ汁に入れたらさぞかし(^q^)涎ものでしょうねー(^q^)

優心さんの料理は全部美味しかったなーー
(^q^)
2016/01/03(日) 22:06:02 | URL | ゆー昆布 #-[ 編集]
>ゆー昆布さん...

こちらこそ...今年もよろしくお願いします。

「優心」さんですが...今年は早々に新しいものを
考えているみたいですよ...僕もかなり期待して
いるんですけどね...

また、機会があれば、行ってあげて下さいな...
2016/01/04(月) 20:16:37 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By