2015年10月28日
カップ麺Watch(NO.264)
皆さんのレビューを見て、僕もウズウズしていたのですが...ストックされた
まま、ずっと出番を待っておりました。スーパーカップ1.5倍の「衝撃の泡立
ち」シリーズ...「まぜると泡立つ!」だなんて、パッケージの写真を見ても
怪しさ満載!何か化学の力を使っているのかな...と思ってみたり...「豚骨醤油」
と「鶏白湯」...早速いただいてみましょうか...

cup264_a.jpg

【エースコック スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち「まろやか豚骨醤油」】

まずは「まろやか豚骨醤油」から...上ブタをめくると、先入れと後入れの粉末
スープの小袋が...熱湯を注いで3分後、後入れのスープを入れてかき混ぜると
本当に不自然な程、泡が立つ...モコッて感じで、みるみるうちにクリーミィな
泡のカタマリになる。「クリーミィパウダー」ですと...まぁ、泡立ちの主役は
重層なんでしょうが...それにしても見事な泡立ちですね...結構「獣臭」も強く、
カエシも強めの豚骨醤油なんですが、クリーミィな泡のおかげか、まったりと
カドも立たせず入ってくる...うん...これはアリじゃないかな...コシの強い細めの
カドメンだから、重めのスープの中でもクッキリ...メリハリのついた食感で持
ち上がってくる...かなりニンニクも効いてますね...泡立たせた空気の加減で、
余計に香るんでしょうか...かやくは不思議な肉そぼろ(笑)にキクラゲ、ゴマ
ネギ、ニンニクと申し訳程度...でもこのラーメンは特徴あるスープと麺で決ま
りでしょう...最初はキワモノかと思ってたんですが、なかなかどうして...しっ
かり美味しい一杯でした。


cup264_b.jpg

【エースコック スーパーカップ1.5倍 衝撃の泡立ち「まろやか鶏白湯」】

続いて同シリーズの「まろやか鶏白湯」です。前回の「豚骨醤油」と作り方は
同じ...熱湯3分後に後入れの粉末スープを入れて、かき混ぜれば出来上がり♪
ほっほっほっ...モコモコと泡が立ち上がってくる...この泡がなければ、普通の
鶏白湯ラーメンなんですが...泡化することで、スープやカエシの素材等が浮き
上がってくるような...若干、塩分が立った様な味わいも、泡化してなければ
普通に納まっていたのではないかと...それ位、麺にまとわりついて上がって
くる...言わばスープをすすりながら、麺をすすっているような感じになるの
かな...ドカッとした麺量で、対象としているターゲットも若者ということで、
この手法も大いにアリではないかと...実際最後まで飽きることなくいただけま
したし、麺は存在感のあるカドメン...個性の強いスープに負けておりません...
「3Dめん」「カドメン」の登場により、このスーパーカップの価値もグッと
上がりましたよね...単なる大盛りのカップではなくなった。かやくは鶏肉そぼ
ろにキャベツ、生姜、ネギ、唐辛子とこんなもんでしょう...麺や泡のスープに
そぼろ肉が絡んで、結構いい仕事をしてましたよ...色々と好みは分かれるで
しょうが、僕はこの「衝撃の泡立ち」シリーズ、アリだと思います。


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2015年10月28日 22時30分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
コ、コイツは…w

自分は容赦ない塩カドに即撃沈でしたorz

でもコンセプトは素直に楽しかったです!

それにしても次回作のリリースがありませんね。

もしも今後シリーズ化していくのであれば
そろそろ新作が来てもおかしくないのですが…

PS. 左足の具合は大丈夫ですか…?
少しでも早く治りますように(´;ω;`)
2015/10/28(水) 23:32:32 | URL | taka :a #8kSX63fM[ 編集]
>takaさん…

うん…確かに高めの塩分濃度でしたが
本当に面白い商品でしたね…

次回作が出てこないといういうのは、やはり
何か問題があったんでしょうか…(;^_^A

足の方ですが、病院の薬で少しはマシになりました。
ただ問題は、週末の忙しさに耐えれるかですね…
2015/10/29(木) 07:16:51 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By