2015年02月12日
カップ麺Watch(NO.226)
前回に引き続き、カップ焼そばでございます。久しぶりに店頭で「JANJAN」
シリーズと目が合いまして...買ってみることに...スクエアな容器でお馴染みの
このシリーズ...そもそもこの容器の意味するものは、何なのか...ラーメンにも
タテカップと丼カップがあり、タテカップは(何度かとり上げた事があります
が...)元々は野外で食べる事を前提に作られたんですよね...よって極力手間が
かからず、ゴミも出さないよう小袋はなるべく使わないで、お湯を注ぐだけで
OKというのが一般的...しかし、この容器は明らかに手で持って食べるような
カタチをしていながら、湯切りしたりソースを入れてかき混ぜたりと、それな
りの手間がかかる...じゃあ単なる奇を衒った商品なのかと思いきや、新商品も
結構出しており、着実に進化しているみたいですね...早速いただきましょう♪

cup226_a.jpg

【エースコック JANJAN「ソース焼そば」】

まずは「10種の野菜と果実のソース焼そば」から...うん...まろやかなお味って
表現がピッタリ...他社のギラギラ攻撃的なものとは一線を画す。ソース練り込
み麺を使用しているので、後入れのソースも控えめなんですよね...最初から
褐色の麺ながらも、濃い味付けではなく、実に優しい味わい...でも、麺に色が
付いているために、ソースがまんべんなく混ざったかどうかが解らないのが
難点ですかね...フルーティな果実や野菜の甘み、旨みを活かしたソースとの
相性も良く、本当に美味しくいただきました。できれば麺量がもっとあれば
言うこと無しなんですけどね...この容器じゃ仕方ないか...


cup226_b.jpg

【エースコック JANJAN「だし醤油焼そば」】

次は「鰹の香りがふわっと香る だし醤油焼そば」...なるほど...確かに鰹や昆布
さばや煮干し等、和出汁の香りが広がる...ネギの風味も利いており、まさに
「和」の焼そばって感じ...小袋の液体ダレを入れる際、醤油の芳ばしい香りが
鼻をくすぐるが、食べてみると見事にカドは抑えられ、丸い口当りに...これ...
麺は醤油練り込み麺なんですね...前回の「ソース焼そば」同様、麺自体が味を
下支えしたベースとなっているので、後入れのソースは大人しめになって、
全体的にやわらかい印象となっている...僕の大好きな「塩系」焼そばとは全く
違う方向性ながらも...「ああ...日本人で良かった」的な和テイストで旨い♪
途中から目の細かめの唐辛子をかけて、ピリッと引き締めでいただく...旨い!
エースコックのスクエアBOX...やるじゃないですか...


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html







■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2015年02月12日 11時11分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By