2014年11月01日
カップ麺Watch(NO.212)
各社から販売される激辛商品...最近は店頭に並べるギリギリの辛さの商品も
出てきてる...僕はもう体のことを考えて、激辛モノは卒業しようと思っている
んだけど、ついつい買ってしまう...(^_^;; 今回は明星「すこびる辛麺」と
日清「とんがらし麺」をチョイス...どちらも辛そうなパッケージなんですが、
ちょっと前にいただいた「北極ラーメン」のことを考えると、一般向けに振っ
た商品だと思うので、多分たいしたことはないだろうと勝手に予想してみる...
では、レポートしてみましょうか...

cup212_a.jpg

【明星「すこびる辛麺 激辛牛だしチゲラーメン」】

まずは明星「すこびる辛麺 激辛牛だしチゲラーメン」から...唐辛子の辛さの
単位であるスコビル(値)が1800!これは結構スゴイですね...パッケージにも
「WARNING!」の注意事項がぁ...熱湯3分の後、上ブタに貼り付いた激辛辣油
を入れて完成...まず一口...「あれ?そんなに辛くない...」いや、一般的レベル
ではそこそこ辛いんでしょうが、先日の「北極ラーメン」と比較すると、全然
レベルが違う...ただ牛骨、牛だしの風味がよく出ているんです。トロミはやや
控えめで、魚醤やニンニクで味をまとめている...辛みに関しては、唐辛子と
ハバネロですかね...鷹の爪もちらっと顏を出す。うん...辛いんだけど、旨味の
方が強い...チゲラーメンらしさがよく出ているんじゃないでしょうか...熱湯3分
のスチームノンフライ麺は、可もなく不可もなく...スープの個性が強いためか
あまり目立たない感じ...かやくはポテト、肉そぼろ、ネギ、鷹の爪とちょっと
寂しいかな...とにかく辛いだけでなく、旨味が前に出た一杯でした。


cup212_b.jpg

【日清のとんがらし麺「うま辛トマト味」】

ご存知、日清とんがらし麺の「うま辛トマト味」...辛さレベルは5段階で「3」
ということで、あまり緊張感も無くいただけますね...年齢のことを考えれば、
なるべく激辛を控えて、これぐらいの方がいいのかもしれない...熱湯3分で
出来上がり...うん...やはり辛さは控えめで、トマトの旨味や酸味が利いてます
ね...お酢ではないものの、トマトでまるで酸辣湯麺のような「甘、辛、酸っぱ」
を表現しています。僕はトマトが大好きなんですが、嫌いな人には完全にNG
でしょうね...トマトの良さを引き出した、旨味たっぷりのスープです。で...
自慢の唐辛子練りこみ麺ですよ...スープを持ち上げやすい縮れ平麺は、日清の
持つ油揚げ麺の中でも最高傑作だと思います。程良いコシと唐辛子の風味を
ほのかに感じる...あくまでも即席麺の域を越えない、理想的なカップ用の麺
ですね...かやくにはトマト、かきたま、肉ミンチ、ニラ、唐辛子と値段相応と
言ったところか...激辛を期待した人には、物足りないかもしれないけど...非常
に良く出来た一杯だと思います。


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2014年11月01日 22時39分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:4 Trackback-
すんません・・・
また使わせてもらいましたΨ( ●`▽´● )Ψ キャハ♪

すこびる辛麺はだいぶと前にちゃうタイプのん食べましたが
確かに旨味も強くて美味しかったです~♪

2014/11/03(月) 16:17:51 | URL | めーめー #-[ 編集]
>めーめーさん...

どんどん使って下さいね...ってか
皆も使ってくれればいいのに...(笑)

あの気味悪い「竹林」画像よりは、ずっとキュートでしょう?
以前の竹林は、ゴミ箱にポイして下さいな...(笑)?
2014/11/03(月) 18:44:04 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]

ワイのがええんやっ‼

バァ〜カ!バァ〜カ!(#゚皿゚)ギリギリ

・・・


超・天狗イタチでした。(笑)

2014/11/03(月) 22:07:09 | URL | JoJo #B98RrkCM[ 編集]
>イタチさん...

あんな気味悪いのン、誰が使うかいな...(笑)

そんなん言うてたら、別のバージョンを作るで...( ̄ー+ ̄)
2014/11/04(火) 17:59:49 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By