2014年05月01日
カップ麺Watch(NO.189)
寿がきやが出している、名古屋名物のカップ麺を購入...「みそ煮込うどん」と
「台湾ラーメン」...どちらも名古屋で愛されているソウルフードですよね...
寿がきやさんは、カップと袋麺の2種類出しているんですが...今回はカップを
レポートしたいと思います。

cup189_a.jpg

【寿がきや「みそ煮込うどん」】

まずは「みそ煮込うどん」...20代の頃に、名古屋の某名物店でいただいたこと
があるんですが...正直「味噌辛い」という印象で...「こんなの毎日食べてたら
カラダを壊してしまう...」と感じてたんですよね...ただ、あれから高井田や、
濃いつけ汁で鍛えられた私...どう受けとめ方が変わるのか...(ΦωΦ) まず一口...
「やっぱり辛い」赤味噌を基調にした、尖った塩分のスープ...でもこれこそが
「みそ煮込」独特の味なんですよね...かつお節、ムロ節と節系の旨みに動物系
が加わる...しかし、それも全部ひっくるめて、赤味噌で味をまとめている...
パンチがあるなぁ...これは本当に中毒性がありますよね...熱湯5分の平麺の出来
はまぁまぁかな...5分ではエッジ部分に芯が残る...あと、スープが混ざりにくい
のが難点でしょうか...ネギ、鶏肉、玉子、かまぼこ、油揚げとかやくは価格を
考えれば、仕方がないかな...と。とにかく期待を裏切らない...豆味噌100%使用
の赤味噌の旨味を堪能できる一杯です。


cup189_b.jpg

【寿がきや「台湾ラーメン」】

お次ぎは「台湾ラーメン」...私、結構ファンでして...ちょくちょく購入して
いるんですが...こちらも名古屋を代表するラーメンですね...後入れのラー油の
「赤」がソソリます。うん...いくつか台湾ラーメンは食べたことがあるんです
が、コレは辛みや旨みなど、実にバランスがいい...鶏ガラベースのスープに
唐辛子、豆板醤等、カプサイシン系の辛みが加わる...台湾ラーメンらしく、
ニラ、肉ミンチ、ニンニクもしっかり入っています。熱湯3分の細めの油揚げ
麺はやさしい食感で、スルスルと入っていく...さすが本場って感じの一杯...
辛さはほどほどだけど、やっぱり美味しいと思いますわ...


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2014年05月01日 22時10分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:6 Trackback-
あれ?どっかで見たなぁ~と思ったら100ローで売ってた奴や。
そっか、美味かったんですね。機会が有ったら食べてみよ。
2014/05/02(金) 00:13:58 | URL | DBOY #//xUrhSo[ 編集]
>DBOYさん...

ま...言ってもカップ麺ですからねぇ...(笑)

でも、寿がきやのシリーズはなかなかやりますよ...
袋麺の方が美味しいと思いますが...
2014/05/02(金) 11:24:37 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
寿がきやさんのは、私も好きなの多いですわ〜

最近「富山ブラック」を、頂きましたヨッ!

(๑≧౪≦)とやぺろ
2014/05/02(金) 20:06:53 | URL | JoJo #B98RrkCM[ 編集]
>イタチ男さん...

「富山ブラック」はインパクトあるよねぇ...
むっちゃ好きですわ...

僕も最近食べました。近々ブログに載せるけど...
2014/05/02(金) 22:15:55 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
もちろん台湾ラーメンのね(笑)

2年前に会社の若手で行った名古屋旅行で…
台湾ラーメンを初めて食べて以来…
すっかりハマってます☆

ご近所でも出してるところがあるんだけど…
中京地区で食べるほうが美味しく感じちゃいます(σ・∀・)σ

カップ麺も試してみようかなぁー♪
2014/05/02(金) 22:59:56 | URL | Soive #1vU.xIsY[ 編集]
>ソイ嬢...

そっかぁ...オレのファンなのかぁ...(・ω・)ノ

台湾ラーメン、いいよなぁ...担々麺と比べても
胡麻のペーストがない分、重くならないしね...

一度名古屋に行って、本場のをいただいてきますわ...
2014/05/03(土) 08:46:56 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By