2013年08月11日
カップ麺Watch(NO.153)
まだまだ焼そばシリーズが続きます。今回はマルちゃんの「昔ながらのソース
焼そば」と、ペヤングの「激辛!やきそば」という、何の脈絡の無い2つの
カップ焼そばをレポートしてみましょう♪

cup153_a.jpg

【マルちゃん「昔ながらのソース焼そば こくマヨ」】

この「昔ながらのソース焼そば」ですが、久しぶりに食べた気がしますね...
一年半ほど前に、このシリーズで「凄太」っていうのがあって、ブリンブリン
の極太麺の食感に感動したんですが、今回の中太麺もなかなか...グニュッと
伸びるような食感が面白い...キューピーのからしマヨネーズが付いているん
ですが、これもマヨピーム形式だったらなぁ...かき混ぜてしまえば一緒なんだ
けど、どうしても見た目が綺麗に見えません...ふむふむ...このブランドマヨと
濃厚甘口ソースとの組合せは、本来重々に仕上がりそうなんだけど...存在感の
ある、このモチモチ麺と合わせる事によって、強めのバランスでまとまって
いる...コッテリが苦手な人には胸焼け必至だけど、僕は好き♪王道「U.F.O.」
に負けないだけの、レベルの高い一杯ですよ...


cup153_b.jpg

【ペヤング「激辛!やきそば」】

御存知、カップ焼そば界激辛最強と思われる...ペヤングの「激辛!やきそば」
子供や辛さに耐性の無い人が何も知らないで口にしたら、大変な事になるで
あろう一杯なんですが...今回は「おたすけマヨネーズ」なるものが入ってる...
ケッ!こんなマヨひとつで、あの破壊的な辛さが和らぐワケがない...(`ε´)
そう思って早速食べてみる...うん...確かに「激辛!やきそば」特有のハバネロ
級の辛さは感じる...でもこのマヨによって、最初の辛みが和らいだような気が
するぞ...俗に言うファーストインパクトね...(・ω・)ノ 後からジワジワと辛
みが追いかけて来るんだけど、辛さ的には一段階以上和らいだ感じがするな...
ベースの「激辛!やきそば」自体の仕様は変えてないと思うんですよ...ナント
マヨひとつで、こんなに変わるんですね...(ちょっとビビったw)でもね...
ペヤングのソースの本来持つ甘みや旨みがわかりやすくて、これはこれで
アリなんじゃないかな...あ...誤解のないように...これでも十分に辛いんですよ!


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2013年08月11日 22時38分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By