2013年07月17日
カップ麺Watch(NO.150)
さて...恒例となった「たけパパ」さんプレゼンツ...「アジアの即席麺を食べ
まくろう!」のコーナーなんですが、今回は海外版の「出前一丁」シリーズ...
(ベトナムのお土産です。)前回の「鮮蝦味」がイマイチだっただけに、王者
日清さんには頑張ってもらわないと...

cup150_a.jpg

【日清「出前一丁 香辣味」】

今回のシリーズの中では、一番期待していた「香辣味」...この赤いパッケージ
を見ただけでも、いかにも辛そうな予感...いつもの白い油揚げ麺に粉末スープ
麻油(と書いてある)の小袋が2つ...日本式の作り方でお鍋で作るんだけど、
この行為自体が、こちらでは支持されにくいんじゃないかな...即席麺だけに、
お湯をかけるだけの方が圧倒的に支持されていると思う...とりあえず今までの
経験上、少しお湯少なめに作ってみる...あらら...完成はしたものの、予想とは
全く違う...あの赤いイメージには程遠く、通常の「出前一丁」に辛味の油を
加えた程度...ごまラー油の芳ばしい香りはあるものの、ちょい辛ぐらいで
完全に肩すかし...こんな紛らわしい赤いパッケージにするなよ!って感じです
わ...腹が立つので、一味を大量にぶち込んで食べました。(´ε`;;)


cup150_b.jpg

【日清「出前一丁 五香牛肉味」】

最も「アジアンテイスト」な一杯でしょうね...パッケージだけを見ても、
「らしさ」がひしひしと伝わってくる...「五香牛肉味」と日本では取っつき
にくいネーミングなんですが、アジアでは「牛肉麺」は一般的なんですよね...
このシリーズ、どちらかと言えばピンボケ気味の味付けのため、お湯少なめで
作るのがお約束♪八角をはじめとする、やや強めの香りが特徴で、これは日本
では支持されにくいかなぁ...しかし香りのワリには、スープはかなり大人しめ
なんですよね...牛肉特有の風味はあるものの、もっとメリハリを利かせても
いいんじゃないかなぁ...麺も実に普通で、王者「日清」らしさが、あまり感じ
られない...

日本ではダントツのシェアを誇る「日清」さんですが、このベトナムでは
進出20年と早くから地盤を固めてきた「エースコック」さんに、大きく水を
開けられている...なんたってシェア6割ですからね...ここ最近、お土産で現地の
即席麺を色々と食べる機会が多くなったのですが...実際に食べたら、余計に
「差」を感じることができますよ...日本式のモノをそのまま持って来た日清に
対して、エースコックは本当に地元の声をリサーチしているのがよくわかり
ます。ちょっとナメてたかな?でも...何たって世界の「日清」さんですから...
これから本気を出して来た時に、このシェアがどう変わるかが楽しみです♪
そりゃあ、このままでは終わらないでしょう...


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2013年07月17日 22時26分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By