2013年07月15日
中村商店 高槻本店(角長 匠醤油らぁめん)@高槻市
130715_1.jpg

「○丈」さんを出た後、予定していた「龍旗信LABO」さんが臨休ということ
で、しからばとバイクを高槻方面に走らせる...もうね...このフットワークは
一般人では考えられないでしょう...ちなみに私、過去にお昼...「家→もんど
(兵庫県加古川)→而今(大東市)」という荒行をこなしたことがあります。
あふぉ〜過ぎて、呆れてしまうでしょう?(*/∀\*)イヤンw

きんせいグループの代表、中村さん夫妻がおられる「中村商店 高槻本店」さん
本当に久しぶりの訪問だったんですが...店の前でSUNNY夫妻とバッタリ...
夫婦水入らずということで、邪魔をしないように入口近くのカウンター席に
座ることに...(・ω・) さぁて...先日TVで紹介していた「貝の冷やしらぁめん」
でもいただき...へっ?売り切れ?...では、これまた限定の「ざるつけめん」を
注文しようと思ったんですが、冷し系を食べたそうにしていたお隣のお客さん
にお譲りすることに...(残り1杯でした...)

い〜んですよ...仏のハシダですから...とメニューを眺めていると、中村氏が
「角長やったら、残ってますよ...」という神の声...甘えさせていただきましょ
う♪確か...限定で「清乃さんからいただいた角長の匠醤油で創ったらぁめん」
とかいう長〜〜い名前の一杯ですよね...

130715_2.jpg

【角長 匠醤油らぁめん(800円)】('13.7.9実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

和歌山県の人気店...「和dining 清乃」さんのレギュラーメニューである「角長
醤油 匠」...和歌山県湯浅の老舗醤油店による醤油の名前を、そのまま商品名
にしているのですが...はたして中村氏の腕にかかると、どのような一杯になる
のか...一つだけ大きな問題がありまして...私、「清乃」さんには2度訪問した
んですが...「角長醤油 匠」は未食ゆえ、比較ができないんですよね...とりあ
えず、今回の一杯についてのレポをさせていただきます。m(_ _)m

ふむふむ...スープの色的に言えば、栄町の「たまり醤油」に近いかな...中央に
こんもり盛り上げた白髪葱、さらには三つ葉、糸唐辛子をあしらったビジュア
ルが目を惹く...個人的には、昔のカイワレ、うずらのシンプルな方が好みでは
あるんですけどね...シャキシャキ香味野菜たっぷりも嬉しいんだけど、じっく
りと出汁の旨さを堪能するには、少し賑やか過ぎるような気がして...

130715_3.jpg

うん...さすがは中村マジックです。スープを口に含んだ際、従来の中村氏の
醤油と比較して、若干の尖り感がみられるものの、見事に丸くまとめている...
醤油を際立たせるようなシンプルなカエシにしたそうですが、「角長醤油 
匠」自体も主張が強いんでしょうね...醤油本来の持つ酸味、コク、そして
何より芳醇な香りが、醤油好きにはたまらない...ベースである鶏と魚介が
どしっと構えており、少々の醤油の変化ではビクともしないような安定感...
というか、その醤油の良さを引き出すような感じがしますね...

130715_4.jpg

このスープに合わせるのは、自家製の平打ち麺...密度の高い、強烈な弾力を
誇る見事な麺ですね...この麺であれば、如何なるスープを持って来ても、麺が
負けるようなことはないでしょう...ここを卒業した「JUNK STORY」さんや
「JET」さんもそう...本当に麺が美味しくて、全てがココから始まったのを
感じさせます。いやぁ...旨かった!

これを食べたら、やはり「清乃」さんの「角長醤油 匠」も食べたくなります
ね...この猛暑がおさまったら、カブで和歌山遠征ですな♪


中村商店 高槻本店
(住所)大阪府高槻市上田辺町4-14
(TEL)072-685-1308
(時間)AM11:30 ~ PM2:30 PM5:30 ~ PM10:00
(休)月曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2013年07月15日 21時07分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By