2007年03月02日
麺や向日葵(塩ラーメン)@京都市左京区
2/26(月)のお昼のレポートです。情報誌などで何度か目にしてて
気にはなっていたんですが、ようやく訪問することができました。
デフォの「塩ラーメン(600円)」を注文...

himawari_2.jpg


こりゃまた京都では珍しい、あっさり系の塩ラーメンですね...
すっきりと透明感のあるスープは、鶏ガラ、豚骨、魚介を合わせた
トリプルスープとのこと...塩にはこだわりがあって、モンゴルの岩塩を
使っているそうです。

himawari_3.jpg


どことなく...きんせいの「こだわりの塩」をさらに優しくした感じの
ような気がしました。最初は若干弱めかな...と思ったけど、食べている
うちに良さがわかってくると言うか...毎日食べるとしたらこんな感じ...
っていうような、飽きの来ない一杯に仕上げてますね...

ストレートの細麺はコシや粘りは悪くないものの、麺湯のせいか、
アルカリ臭が気になりました。繊細なスープだけに、余計に感じて
しまうんですよね...

箸を入れると崩れてしまう程のやわらかいバラチャーシューと
色鮮やかな水菜と白髪葱のコントラスト....とても上品で惹き付ける
ものがありますよ...

himawari_1.jpg


この日は濃い~~メンバー3人で入店しました。(笑)
カウンターのみの店内は実にすっきりとしていて、お客さんもラーメンに
集中できる感じですね...

御夫婦できりもりされているんでしょうか...店主は若く真面目そうな
感じ...また奥さんはほがらかで、常連のお客さんと楽しそうにお話を
されていました。

この激選区の中で、あっさりの塩一本でやっているというのは、好感が
持てますねぇ...メニュー表なんて、本当にシンプルですから...(笑)

やはり京都のラーメン屋さんらしいというか、カラアゲ5ケで350円...
見たワケじゃないけど、きっとすごいボリュームなんでしょうね...
ご飯は150円でお代り自由だし...チャーシュー丼に至っては、小250円。
並350円...さらにはお持ち帰りもできるらしい...

なるほどね...学生の多い京都で生き残っていくためには、この辺が
キーワードなのかな...こってりしたラーメンにアブラギッシュな
カラアゲもいいけど、脂っぽいのが苦手な人や僕らぐらいの年齢になると
ちょっとキツイもんなぁ...

こってり系の多い京都の中では、ピンポイント的に支持されるかも
しれない...そんな独創的なお店でした。


麺や向日葵
(住所)京都府京都市左京区浄土寺西田町100-28
(TEL)075-752-3060
(時間)AM11:30 ~ PM2:30 PM6:00 ~ PM11:00
(休)水曜日 (P)なし


(※僕のHPの「ラーメン食べ歩きing」のコーナーの中に、これまでの
データーを地域別に保管しています。興味のある方は のぞきに来て
下さいね...)

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/
■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2007年03月02日 08時39分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By