2013年01月31日
麺 dining 月乃家(豚骨醤油)@和歌山県
130130_1.jpg

「清乃」さんから車でしばらく走って到着したのが「麺 dining 月乃家」さん
です。ここも前から行きたかったお店...「清乃」さんと似たような店名だな...
と思ってたら、「清乃」プロデュースのお店だったんですね...なるほど(・ω・)
嗚呼〜田舎って風景の中、ポツンと佇んでいる...この「絵」がいいですよね...
お店の前の「オークワ」の大型駐車場に車を停めて(駐車場利用可)早速
店内に入って行きましょう...明るい雰囲気の店内は、活気がありますね...
お客さんもよく入ってるし、人気店なのがよくわかります。特に女将さんの
気遣いが嬉しいなぁ...

130130_2.jpg

【豚骨醤油(650円)】('13.1.21実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ここも全くの予備知識無しに入ったんだけど、メニューを見ると...和歌山では
独創的な「清乃」さんに対し、こちらでは王道の「和歌山中華そば」を主軸に
しているみたいですね...「特濃」を薦められたけど、まずは「豚骨醤油」から
いただくのがスジでしょう...いかにも和歌山チックなスープの色をした一杯が
運ばれて来たんですが、カマボコが無かったり、太めのメンマや焼き海苔を
浮かべていたり、レア気味のチャーシューであったりと、オーソドックスな
「和歌山中華そば」ではないことを予感させます。

130130_3.jpg

うん...味に関しては、実に基本に忠実な和歌山風豚骨醤油じゃないですか...
コンディションの加減か、少しボディが弱めに感じたんですが、まだ上には
「特濃」もありますからね...濃厚好きもあっさり派も、どちらも対応できる
ようになっています。雑味の無いまろやかな仕上がりで、醤油もカドは立たせ
ていない...よくある寸胴ぶち込みスタイルではなく、カエシで合わせているの
かもしれませんね...「清乃」さんとは全くタイプが違うんですが、地元の人は
こちらの方を支持するかもしれません...湯浅等、有名醤油産地に近く、ガラの
仕入れがしやすい土地ならではのラーメン文化が築き上がってますからね...

130130_4.jpg

こちらも麺屋棣鄂さんの麺を使っているんですよね...細めのストレート麺を
合わせています。なめらかでコシのある、いい意味で「らしくない麺」です。
ベースは「和歌山中華そば」なんですが、今風のエッセンスも取り入れた
「NEO和歌山中華そば」ってところでしょうか...メニューを見れば、鶏白湯や
和風豚骨、さらにはつけ麺まで用意している...サブメニューも豊富みたいだし
ここもまた、腰を据えて食べに来たいお店ですね...隣でぷる兄...いや、滋賀の
大物ブロガーが食べてた「しらすご飯」が美味しそうだったなぁ...(*´ω`*)


麺 dining 月乃家
(住所)和歌山県有田郡有田川町大字天満428-1
(TEL)0737-52-5716
(時間)AM11:00 ~ PM2:30 PM5:00 ~ PM10:00(L.O.PM9:30)
(休)火曜日・第2、第4月曜日(祝日は営業) (P)あり


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2013年01月31日 11時21分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By