2012年11月19日
カップ麺Watch(NO.122)
「カップ麺Watch」のタイトル通り、基本はカップ麺中心のレポート
なんですが...空前の袋麺ブームをつくり出した、あの商品を無視するワケには
イカンでしょう...東洋水産「マルちゃん正麺」...僕がカップ麺のネタを仕入れ
に行った時も、どんどん袋麺のブースが広がっているように思います。他社も
同様に袋麺の力作をリリースしているんですが、まずは火付け役のこの商品を
食べてみないと...「麺」と「スープ」のみのため、差別化がしにくい袋麺で
如何にして大ヒットを生み出したのか...迫ってみましょう...純粋に商品の良さ
を知るために「素ラーメン」でいただきました。

まず全ての袋麺(特に乾燥油揚げ麺)に共通して言えることだけど、作り方の
通りに茹で湯を器に注ぐと、独特の粘りが出る...僕はこのとろみが気に入って
たりするので、気にはならないんだけど...スッキリとこのスープ本来の美味さ
を堪能したいのなら、別途沸かしたお湯をスープに注ぎ、湯切りした麺を
入れればOKです。ちなみに僕は「生ラーメン」以外は、全て茹で湯を使って
います。リン酸ナトリウムなんて、糞食らえですわ...(笑)

cup122_a.jpg

【マルちゃん 正麺「醤油味」】

「生麺うまいまま製法」がこの商品の核となるんですが、蒸さずに生麺を
ほぐして円形にかたどって乾燥させているそうな...これもね...フライ麺同様、
茹で湯にとろみが出ます。今回の4種類の中では一番気になるかもしれない...
なるほど...乾燥麺とは思えない、なめらかでコシのある中太麺...ただ、3分の
茹で時間はやや長すぎるような気はしたけど...さすがにお湯をかけただけの
カップ麺では、ここまでは難しいか...スープはさっぱりした醤油味...優等生的
な仕上がりで、いかにも麺が主役って感じですね...


cup122_b.jpg

【マルちゃん 正麺「豚骨味」】

茹で時間2分の細麺を使用。本場九州の...って感じではないけど、しっかりと
したコシと、噛み切る際の歯応えは、なかなか良いんじゃないかい?スープも
今回のテーマに沿ったもので、突出こそはしていないものの、実にバランスが
良く、コクのある豚骨スープ...調味油のおかげで、淡白な感じはしませんね...
誰からも好かれる豚骨ラーメンに仕上げています。


cup122_c.jpg

【マルちゃん 正麺「塩味」】

これは「醤油味」と同じ麺ですかね...なめらかでコシのある中太麺...前回の
経験を活かして、2分半ぐらいで上げてみました。鶏ガラ、魚介のやさしい
スープは、カドを立たせず、しっかりとコクがあります。万人向けの味だが
レベルは高いですよ...


cup122_d.jpg

【マルちゃん 正麺「味噌味」】

いよいよ最後のトリは「味噌味」ですよ...シリーズでは一番太い茹で時間4分
の太麺を使用。プリプリとした食感は「生麺うまいまま製法」をダイレクトに
感じれるのではないでしょうか...味噌味のスープも飛び抜けたところがなく、
まさに可も無く不可も無くの味付けに留めています。僕は途中で一味をパラッ
とふりかけていただきました。

《僕的総評》 豚骨味...>塩味...>醤油味...>味噌味...
シリーズを通して、確かに良く出来た麺で「袋麺もここまで来たか...」という
感じなんだけど、正直ハードルを上げ過ぎてたたのか、そこまでの感動は
なかったなぁ...他社のインスタント麺(カップ麺含む)もよく頑張っている
ので、日頃から色々と食べている人にとっては、そんなに驚くほどではない...
さらに言わせてもらうと、我々即席麺ファンにとっては...そんなに生麺に迫る
商品は正直望んでないのだよ...(うわ...言ってしもた...)

カップヌードルやチキンラーメンが、もちもちツルツルになったら
僕らは困るんですっ!あの麺だから好きなのに...わかる?ココ?
あえてチープなフライ麺が食べたい時もあるんです。


毎日食べるような人は、ちょっと食生活を考えた方がいいかもしれないけど
僕の場合は、だいたい週に1〜2個。だから、久しぶりに食べる時は美味しく
食べたいんよね...だから、食べ歩きの店ラーメンにしたってそう...健康を考え
た無化調だとか、僕には関係ない...美味しく食べたいのが優先!もちろん...
色んなニーズがあるから、お客さんが合うお店を選べばいいだけの話...
あ...ただの僕のつぶやきなので、無視しておいて下さいね...

話戻して、今回の「マルちゃん正麺」...麺以外は、全て75点ぐらいの出来で
幅広い層に支持される味付けにしています。飛び抜けた部分もなければ
特別不満も感じない...この「75点」っていうのがミソなんですよね...現在、
大箱の店でも、大きな売上を上げているのが「このライン」ではないかな...
これがなかなか難しい...

とにかくこれが「日本の即席麺」なんですよ...味だけでなく、パッケージング
を含めた細かい部分(小袋のマジックカット等)を見ても、世界とはかなりの
差があります。我々も胸を張ろうじゃありませんか...


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2012年11月19日 20時44分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback-
こんです。
私も醬油を食べてみましたが…でしたw
確かに、お~と思いましたが…お~止まり!
私は袋では、サッポロ一番 塩らーめんを時間多めに茹でて、ブヨブヨに
なった麺に玉子を入れて掻き混ぜる!これが一番好きですね~^^
2012/11/19(月) 21:56:05 | URL | takaQ #-[ 編集]
>takaQさん...

毎度です。なかなかツウな食べ方をするじゃないですか...
みんなそれぞれ「ツボ」があるんですよ...
それにしても、サッポロ一番の袋麺は最強ですよね...
2012/11/20(火) 10:41:48 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By