2012年11月09日
○寅 麺屋 山本流(鯛塩白湯らーめん)@生野区
121108_1.jpg

「山本流」と「金久右衛門」のコラボ第2弾が3日間提供されるとのこと...
しかも週末ではなく...月、火、水ですか...これは「来い!」ってことですなw
ええ行きましょう!行きましょうとも...前回の「一等星味玉」も美味しかった
もんね...今回も期待大ですわ...山本店主に聞いてみると、コラボ作品と言う
ことで試行錯誤したものの、金久右衛門の醤油が合わなかったらしく、今回は
独自の作品になってしまったらしい...でもでも、イベントとしては開催される
そうで、11/13(火)14(水)15(木)は、四天王寺金久右衛門で
「濃厚エパーゴールドつけ麺」を提供するみたいですね...こりゃ楽しみだ♪

121108_2.jpg

【鯛塩白湯らーめん(890円)】('12.11.5実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

それでは「鯛塩白湯らーめん」をいただくことにしましょう♪一つだけ残念な
ことがありまして...麺のオーダーミスで、早々に限定用の麺だけが売り切れて
しまったらしい...スープや具材はあるので、レギュラーの清湯用の麺で作って
もらうことにしました。いやいや...今回はスープがメインなので、問題ナシ♪
少し高めの値段設定ですが、ラーメンを見て納得...豪華な盛り付けに胸が躍り
ます。巻きバラチャーシュー、スモークレアチャーシューを筆頭に、煮玉子
メンマ、ホールの木耳、三つ葉、刻み葱、糸唐辛子と彩りも考えたビジュアル
ですね...本当に美味しそう♪

121108_3.jpg

ズシ〜〜ン!と来ますね...「どんだけ丸鶏ぶち込んでるねん!」的なまるで
大東の某店のような濃厚鶏白湯...僕はクセの強い魚介は苦手なので、「鯛」と
聞くと構えてしまうんですが...ふわっと香る程度で、特有のエグみ臭みは全く
感じない...スープを炊き込む際に鯛は使わず、カエシのみに使っているみたい...
物足りない人もいるかもしれないけど、僕はこれぐらいが嬉しいです。いや、
これぐらいって言うけど、半端なくレベルの高い一杯ですよ...少なくとも、
この種の鶏白湯は、この辺りでは口に出来ないでしょう...塩ダレもカドのない
まろやかな仕上がりで、旨味に溢れている...

121108_4.jpg

先程も書いたように、限定用の麺ではなく、カネジン製の中細ストレート麺で
いただきました。結構コシがあって歯切れもいいしね...スルスルと入っていく
僕の好きなタイプ...これが完成品ですっ!...って言われても、何の問題もない
でしょう♪いやぁ...山本君、凄いな...「まるとら」を受け継ぐことで、濃厚な
白湯の技術も習得したし(最初は苦労してたけどね...)、金久右衛門譲りの
清湯の技術もある...これからグングン伸びてくることは間違いないでしょう!
本当に旨かったです。ごちそうさまでした。


○寅 麺屋 山本流
(住所)大阪市生野区生野西2-1-37
(TEL)06-6796-8488
(時間)AM11:00 ~ PM3:00 PM6:00 ~ PM11:00
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2012年11月09日 22時19分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By