○寅 麺屋 山本流(弁財天らーめん)@生野区

ハシダ・メン

120815_1.jpg

あっさり系のラインナップが充実したと聞き、久しぶりに山本流さんを訪問...
こってりがメインのお店なんですが、やはり幅広い層を狙うためには、清湯を
はじめとする、あっさり系も必要ってことでしょうね...メニュー表を見ると
「恵比寿」やら「弁財天」、はたまた「宝船」と、縁起物のメニュー名が
並ぶ...「恵比寿」は以前で言うところの、鯛塩になるんでしょうか...
どうせなら、まだ食べてないものを注文したいですね...

120815_2.jpg

【弁財天らーめん(750円)】('12.8.6実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

...ということで「弁財天らーめん」を注文することに...目の前に運ばれた一杯
を見ると...よく澄んだスープの中央に、何やらゼリー状の固まりを浮かべて
いる...何とこれ...牡蠣煮干しの旨味を凝縮させた塩ダレなんですね...
金久右衛門出身の山本君だけに、「なにわゴールド」とかと同じ手法なんです
が、嬉しいことにトッピングは最初から充実しているんです。厚みのある
巻きバラチャーシューに刻み葱、メンマ、煮玉子半分に、ホールの木耳が
綺麗に盛り付けられる。

120815_3.jpg

早速、中央のタレを撹拌させていただきましょう...鶏ガラ、豚骨ベースの
澄みきったスープにタレが広がると、一気に濃厚な牡蠣の香りと旨味が
広がります。まさに金久右衛門テイストではあるんですが、山本君のバランス
の良さは、当時から抜きん出てましたからね...単にボディの弱いピンボケ気味
のスープではなくて、十分に旨味を感じることの出来る一杯ですよ...タレの
上にパラッとふりかけた鷹の爪が、いい具合に輪郭を締めてくれる...また、
後半になるほど、牡蠣の旨味が増して来ますね...

120815_4.jpg

ミネヤの中細ストレート麺を合わせているんですが、しっかりとしたコシと
なめらかさは見事で、スープとの絡みもちょうどいい...炙りの利いたチャー
シューや、コリッとした食感のホール木耳など、具材も抜かりは無い...
あとは、どうやって「山本流」の色をつけるかでしょうね...


○寅 麺屋 山本流
(住所)大阪市生野区生野西2-1-37
(TEL)06-6796-8488
(時間)AM11:00 ~ PM3:00 PM6:00 ~ PM11:00
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html






Posted byハシダ・メン

Comments 2

There are no comments yet.
ヤイナム  

やはりメンさんも気付いておられましたか。
山本くんには精度の高さとバランスの良さがあるがゆえに、金久右衛門のやり方を忠実に、否、オリジナル以上に美味しく再現できているように思えます。が、金久右衛門離れができていないことで、食べる側からすれば面白みや意外性に欠けているようにも感じられます。
今後は良い意味で期待を裏切って欲しいですよね(^^)

2012/08/15 (Wed) 20:00 | EDIT | REPLY |   
ハシダ・メン  

>ナムナム...

そうなんよね...でも、これから進化させるとしたら
ベースのスープをイジるしか手はないでしょうね...

金久右衛門スタイルだけど、あれはあれで完成されてると
思うから、殻を破るとなると至難の業でしょうな...

2012/08/15 (Wed) 21:12 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply