カップ麺Watch(NO.109)

ハシダ・メン

はい...今回はカップ焼そばの王者「U.F.O」であります。もはや、日本を代表
するカップ焼そばと言っても過言じゃないでしょう...改良に改良を重ねて
現在のカタチになったのですが、「U.F.O」の進化とともに、日本のカップ
焼そばのレベルが上がって来たんですよね...早速レポートしてみましょう♪

cup109_a.jpg

【日清焼そば「U.F.O」】

湯切りをはじめとするパッケージの進化...焼いてはないんだけど、あたかも
鉄板で焼いたような香ばしいソース...とても湯戻ししただけとは信じられない
程、よく出来た太ストレート麺...サラッと入っているけど、カップ用のかやく
としては出来過ぎの肉やキャベツ等...日本のカップ焼そばの最先端の技術が、
ここに集約されております。凄いよなぁ...濃厚なソースの甘味、辛味、酸味...
それをまとう麺の素晴らしさ...何も言うことはありません...日本一、いや...
世界一のカップ焼そばだと思います。(キッパリ)


cup109_b.jpg

【日清焼そば「U.F.O(明太子マヨ)」】

お馴染みの「U.F.O」に、明太子マヨと明太子フレークが加わった商品なんで
すが、マヨが加わると言うことで当然重くなります。できれば明太子特有の
辛みを増してくれたら、ピリッと引き締まって旨さ倍増なんでしょうが...
万人向けに仕上げていますね...でもまぁ、ベースのレベルが高いので、食べて
いるうちに、これがカップ麺だというのを忘れてしまうんですが...(笑)
美味しかったです。

ここ最近、カップ焼そばが続いているのですが、こうやって連続して食べ比べ
ると、「U.F.O」の偉大さがわかりますね...いやぁ...参りました。


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html





Posted byハシダ・メン

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply