2012年04月22日
カップ麺Watch(NO.102)
今回は寿がきやプロデュースのカップ麺を購入したんですが、2つとも
「店カップ」ということで、実在するお店のラーメンやうどんのようですね...
どちらも知らないのですが...(^_^;; キーワードは「辛い」ということ...
店頭でもこの文字を見ると、ついつい釣られてしまいます。それでは
レポートしてみましょう...

cup102_a.jpg

【味噌麺処 花道「濃厚辛味噌ラーメン」】

東京野方「花道」店主...垣原 康氏監修と書いてありますが、もちろん
知りまシェン...m(_ _)m 鶏と豚の動物系スープに白味噌を合わせて、ラー油
を浮かべた辛味噌ラーメン...ニンニクも効いて確かに濃厚なんだけど、
インスタントの限界か薄っぺらく感じる...これ...お店で食べれば、全然違うん
でしょうね...熱湯4分のノンフライ平麺はなかなか出来がよく、ビラビラが
スープにしっかりと絡んで食感もいい...まぁるいスガキヤチャーシューは
ご愛嬌ってとこか...具材にしても、少し寂しいかなぁ...

何度か書いたことがあるんですが、僕はなるべく低価格帯のカップ麺を中心に
レポートしているでしょ?コスパのことを考えてではなくて、高級カップ麺
やお店のカップ麺だと、ついついホンモノと比較して評価が辛口になって
しまうんです。インスタントにはインスタントの良さがありますからね...
もちろんその域を超えるものもいいと思うし、それが日本のインスタント界の
レベルを上げてきたのも事実...でも、こんな感じで「店カップ」がどんどん
販売されているんだけど、全てがプラスにはなってないように思うんですが...


cup102_b.jpg

【寿がきや「赤からうどん」】

赤から監修ということなので、そういうお店があるんですね...(これまた
知らなくてゴメンナサイ...)とりあえずお店のを食べたことがないので、
純粋にカップ麺のレポとなります。僕にしては久しぶりの生タイプうどん...
熱湯を注いで生麺をほぐし、お湯を捨てる...そして再度お湯を注いで、スープ
を入れる...ま...ちょっと手間はかかりますが、おつゆの温度も下がりにくく
ゴキゲンであります。お好みで辛さを変えれる「後入れ粉末スープ」は、
モチロン全部入れてみる...おお...赤いですね...スープはドロッとした粘度高め
ではなく、サラッとした台湾ラーメンに似たような感じ...牛脂と野菜、更には
ハチミツによるものか、最初は強い甘みが来て、後からジワジワ辛さが来る。
(食べれない程の辛さではない...)想像してたよりずっと重くなかったです。
やはりさすがと言うか、生タイプのうどんは風味がいいですね...乾燥麺との
コシの違いを見せる...でもね...正直、スープとの絡みを考えると、乾燥麺も
負けてないな...と改めて思いました。


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2012年04月22日 22時17分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By