○寅 麺屋 山本流(鯛潮汁)@生野区

ハシダ・メン

120329_1.jpg

オープン直後に排水周りの不具合等、思わぬトラブルで休業を余儀なくされた
「山本流」さんなんですが、元気に復活しましたね...もう何も問題はないので
これからは安定した営業をしてくれると思います。山本店主も住友くんも、
表情が明るくて、ホッとしました。

でもね...実は僕の方が、週末から体調を崩してたんですよ...よって、病み明け
最初の一杯がここのラーメンとなりました。この濃厚がウリのお店に、なぜ
体調が万全じゃないのに訪問したのか?...ふっふっふっ...とある情報を耳に
したからなんですよ...

120329_2.jpg

【鯛潮汁(780円)】('12.3.26実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そうなんです。しばらくはデフォのみで推して、安定してから登場させようと
していた「清湯」を、やむなく投入してきたんです。まぁ、スタートであれ
だけのことがあったので、お客さんを呼び戻すためには仕方がないでしょう...
もともと清湯スープには定評のあった山本店主ですからね...これで、豚骨が
安定しない日も、店を閉めることなく営業ができます。ま...いろんな意見が
あると思いますが、やはり彼も「生活」がかかってますからね...ちなみに
これは、限定になるのかな?早速、金久右衛門時代にも評判の良かった一杯...
「鯛潮汁(たいうしおじる)」をいただいてみましょう...

120329_3.jpg

丸鶏、もみじ、香味野菜を丁寧に煮出したスープに、自慢の醤油ダレを合わせ
ているんですが、濁りのない本当に綺麗なスープですね...このタレには、鯛の
煮干を中心に、ホタテ貝柱、昆布、小海老煮干、鰹節等...魚介の旨味が
たっぷり詰まっている...特に一口めに鯛の風味が強く広がって、ホタテや海老
の風味もしっかりと感じられるのに、全くと言って雑味を感じさせないのは
見事ですね...僕は正直言って、生臭い(鯛も海老も)スープは苦手なんですが
全く問題ナシ...カドの立たない深くやさしい味わいで、美味しくいただくこと
ができました。

120329_4.jpg

麺はカネジン製なんですが、特別に「麺屋 一燈」さん仕様の細ストレートを
今だけ使っているそうです。白くなめらかな低加水麺で、やさしい味わいの
スープとも相性はいいですね...デフォの濃厚豚骨も、もちろん旨いんだけど
我々の様な年代になると、たまに食べたいぐらいなんですよね...だから、
このようにあっさりメニューも加えてもらえるのは、嬉しい限りですわ...

本来なら麺を平らげた後は、残ったスープの中にご飯を入れて、ワサビを
溶かして食べるのがセットになってるみたいですが、この日の僕は病み上がり
ということで、ラーメンだけで終了させていただきました。モチロン、
連食なんてとてもとても...本当に美味しかったです。


○寅 麺屋 山本流
(住所)大阪市生野区生野西2-1-37
(TEL)06-6796-8488
(時間)AM11:00 ~ PM3:00 PM6:00 ~ PM10:00
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html






Posted byハシダ・メン

Comments 2

There are no comments yet.
ヤイナム  

こってりよりも これがスキデスv-238

2012/03/30 (Fri) 00:30 | EDIT | REPLY |   
ハシダ・メン  

>ナムナム...

僕らは確かにそうですね...
でも、周りを見てみると、イパーン人のほとんどの人が
豚骨系を注文してました。

2012/03/30 (Fri) 09:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply