2012年02月20日
麺匠 四神伝(とり煮干しつけ麺)@守口市
120220_1.jpg

【とり煮干しつけ麺(800円)+麺増し・100g(150円)】('12.2.20実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

はいはい...本日お約束通り、四神伝の新しい限定の調査に行って参りました。
なんとっ...今回は白湯のつけ麺でございます。豚骨系のこってりメニューは
あるものの、四神伝の鶏白湯は珍しいですね...今回のテーマは「鶏」と「塩」
さらには女将が「山葵」のラーメンが食べたいということで完成したのが
今回のつけ麺だそうな...最初はラーメンを出す予定だったのですが、より強く
煮干しを強調させたいということで、つけ麺のスタイルにしたそうです。

120220_2.jpg

「塩つけ麺」で使用しているミネヤの太麺の上には、悩ましい色の煮玉子と
白葱、カイワレがシンプルに盛られている...つけ汁の方には脂の甘いバラ肉の
チャーシューを浮かべており、器の縁には山葵が添えられている...早速、
いただいてみましょうか...

120220_3.jpg

なるほどね...想像してた白湯とはタイプが違いました。鶏よりも煮干しの方が
前に出てますね...それもかなり...(笑)今回のために新たに用意した鶏白湯の
スープをベースに、ブレンドされた魚粉をプラス...煮干しのエキスの詰まった
塩ダレでまとめています。粘度は低めなんですが、旨味はよく出ていますね...
なるべく鶏のエグみを出さない程度に仕上げたそうな...「塩つけ麺」との
差別化を図るために、鶏油は控えたそうですが...油分が少なめのせいか、若干
麺との絡みに疑問が残ります。このあたりは、本番までに調整してくれること
でしょう...白湯ながらも、キリッとエッジの立ったつけ汁は、なかなか存在感
がありますよ...途中からフチの山葵を溶いて入れると、全体がツンと引き締ま
る感じで、これまたいいじゃないですか...

120220_4.jpg

御存知「ミネヤの万能麺」ですが...この麺、清湯、白湯ともに合わせてくる
見事な麺なんですが、今回の限定に関しては...和風醤油の二見のビラビラ麺
でも面白かったかもしれませんね...とりあえずスタートの200gでは、ちと
物足りないので、麺増しは必須ですな♪スタートする段階では、全ての面で
ビシッと仕上げてくれると思います。乞うご期待ですよ...

今回の限定は、新たにスープを炊き込むために、メニューの豊富な四神伝では
かなり厳しいみたいで、今までのような長期限定は不可能だそうです。
2/23(木)~29(水)まで...ちなみに27(月)は臨時休業で、
代わりに29(水)は営業するそうです。ご注意下さいね...


麺匠 四神伝
(住所)大阪府守口市藤田町3-20-12
(TEL)06-6904-0888
(時間)AM11:00 ~ PM2:00 PM6:00 ~ AM0:00
(休)水曜日 (P)なし
(HP)http://id7.fm-p.jp/30/shishinden/


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2012年02月20日 21時30分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By