2012年02月13日
らぁ麺 Cliff (ワンタン麺)@都島区
120213_1.jpg

ようやくです。「らぁ麺 Cliff 」さんに初訪問ですわ...ちょうど行きにくい場所
にあるんですよね...でも、一度行ってしまえば大丈夫...大行列の「鶴麺」に
比べると行きやすいかもしれない...これから通わせていただきますね...

しかしまぁ...お洒落な内外装ですなぁ...OPEN当時を知らないのですが、
お店を拡張したんですよね?小粋なハイカウンターと、後ろにはテーブル席も
用意している...カウンターだけだと、子供や足の悪いお年寄りには、辛いです
からね...席にはゆとりがあって、非常に落ち着く空間です。奥には本格的な
製麺室を完備...男前の大西店主は、製麺に勤しんでおりました。

ここは食券制なんですね...ここまで洒落たお店だと、不思議と食券制も抵抗を
感じませんでした。接客も品のある明るさで、とても印象がいい...そう言えば
「鶴麺」も見事な接客をしますもんね...

120213_2.jpg

重厚な陶器製のレンゲは、専用の台も用意している...本当にお洒落ですわ...
庶民的な雰囲気もいいけど、小洒落た雰囲気のお店はこうありたいですね...
特に「レンゲ使い」の会長としては、かなりポイントが高いです。(爆)
グラスや食器も曇り無く、水もとてもきれい...(by麺多浪w)
とにかく気持ちがイイです。これは大事ですよね...

120213_3.jpg

【ワンタン麺(880円)】('12.1.30実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

限定のつけ麺も美味しそうだったけど、とりあえず最初はデフォのスープを...
さらにワンタンもプラスして「ワンタン麺」を注文しました。丁寧な仕事は
盛り付けにも表れています。淡い醤油色のスープの上には、特製のワンタンや
穂先メンマ、白葱、青葱、オーブンで炙ったチャーシューなどが盛り付け
られる...スープ表面にキラキラ光る鶏油もいいですね♪

120213_4.jpg

比内地鶏を使った魚介醤油のスープは、雑味の無いさっぱりとした味わいが
特徴...三元豚の叉焼や完全発酵品のメンマ、さらにはスープを炊く水にも
軟水ミネラル水を使用するなど、素材には徹底したこだわりを見せる...まぁ...
こんな蘊蓄を書かずとも、素材がいいのは十分に伝わって来ます。じんわりと
旨味が染み渡る感じで、カドの無い上質な味わいを楽しめます。

120213_5.jpg

無駄に強めの食感にはせずに、なめらかでスルスルと入る自家製麺...好みは
分かれるかもしれないけど、最近僕がハマっている食感の麺ですね...スープを
弾きそうな表面なんですが、平打ちにしているせいか絡みもまずまず...風味も
いいし、好感が持てます。肉汁たっぷりのワンタンも、とても美味しかった
ですよ...

本当にいいお店ですね...全メニュー制覇したいので、通わせていただきます。
近くにバイクを停める所も発見したしね...(笑)


らぁ麺 Cliff
(住所)大阪市都島区片町1-9-34
(TEL)06-6881-0755
(時間)AM11:00 ~ PM3:00 PM5:30 ~ PM9:00 
(休)火曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2012年02月13日 21時00分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By