2012年01月05日
カップ麺Watch(NO.90)
低価格帯のカップ麺を中心に購入している僕にとって、このシリーズを僕が
買うのは珍しいことなんです。「旧ラ王」販売終了の際...「ラ王追湯式典」を
開催するなど、何かと話題になったこの商品...最大の注目点は、従来のノンフ
ライ麺から「3層太ストレート製法」を新たに開発したという「次世代麺」に
変わって、どこまで進化したかといことですね...低価格帯カップ麺のレベル
アップが著しいだけに、期待は高まります。早速いただいてみましょう♪

cup90_a.jpg

【日清「ラ王(背脂濃コク醤油)」】

ほんのり香る八角の香り...スープは背脂を浮かべた鶏ガラ醤油で、魚介も
しっかりと感じます。濃コクとあるけど、思ったほど重々しさはなく、カドの
ないやさしい感じですね...カップ麺のレベルを超えるチャーシューなど、確か
に低価格帯カップとの格の違いを感じる...熱湯5分の角断麺も、現在の即席麺
の枠の中ではほぼ完璧に近い...なめらかさ、強いコシ、弾力とどれをとっても
申し分なし...ただ、スープとの相性は決して良いとは言えない...最高の素材、
技術を結集したカップ麺だけど、僕の考えるカップ麺像とは何か違う...
美味しいんだけど、少し疑問を感じる一杯となりました。


cup90_b.jpg

【日清「ラ王(濃厚コク醤油豚骨)」】

いかにも醤油豚骨らしい茶褐色のスープながら、醤油のアタリはやわらかで
輪郭がややボケ気味のスープ...豚脂も強めだし、独特なクセのあるスープで
好き嫌いが分かれそうですね...チャーシューはやわらかくて、肉の旨味が
しっかりとする...問題は今回も「麺」となりました。今回はあえて6分半(5分
のところ)おいてみたけど、出来上がりでは若干芯が残ってしまった。熱湯を
注ぐタイプでは、これが限界だと思う...コシも弾力もカップ麺の域を超えてる
けど、やはり前回同様スープを弾いてしまう...麺が主役の商品になるんだろう
が、あまりにも麺主体過ぎて、バランスが悪過ぎる...これならば同社の
「太麺堂々」の麺と合わせた方がいいんじゃないかと思ったりして...(あまり
変わらないかな?)今回のシリーズは期待が大きすぎただけに、残念な結果と
なりました。


□■カップ麺Watch■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2012年01月05日 22時16分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By