2011年12月10日
麺屋わっしょい(男のまぜ麺・1辛)@生野区
111209_1.jpg

【男のまぜ麺(780円)+男の辛さ1辛(50円)】('11.12.6実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「まるとら」さんで「シロガネーゼ」をいただいた後、「わっしょい」さんに
吸い寄せられるように入って行ったんですが...どうしても気になっていたのが
前回いただいたトッピング...「男の辛さ」の活かし方ですよ...前回はデフォの
「男の根性黒醤油」に「5辛」をプラスして、辛さより、しょっぱさが前に
出てしまったこと...元々キレのあるタレを使用するお店なので、あくまでも
サブ的要素でなければいけないんですよ...ってことは、よく入れたとしても
「2辛」ぐらいが、美味しく食べる限度かな...今回は「男のまぜ麺」という
ことで汁がないので、あえて「1辛」で注文しました。

連食ということで、300gにしたんですが(食い過ぎ!)あれ?通常はタレが
底にあって、自分でかき混ぜるスタイルじゃなかったですかね...今回はすでに
麺に色が付いている...これは「男の辛さ」をトッピングしたからでしょうか...
ま...最初から混ぜてくれている方が助かりますがね...それにしてもソソる
ビジュアルじゃないですか...

111209_2.jpg

やはりビンゴですよ...再仕込み醤油、ニンニク、背脂等が醸し出す旨味を
壊すことなく、辛みとコクを引き上げている...ラー油、豆板醤、特製辛味噌、
韓国唐辛子、一味唐辛子をブレンドして炒めているだけに、そこそこの重みが
あるんですよね...このまぜ麺に関しては「1辛」がベストかな...マジ旨い!

111209_3.jpg

焦がしの効いた甘辛いタレが、極太麺に絡み付く...やっぱりこの麺は美味い!
辛みトッピングもいい具合に絡みますね...ああ...連食でなければ残ったタレに
白ご飯をぶち込んでいただくんですが...あと、最初に煮玉子と生タマゴを
選べたのですが、この組合せの場合は「生タマゴ」が良かったかな...と
思ったりして...ま...自分の好きなように食べるのが一番!

それにしても、「まるとら」と「わっしょい」...共にボリュームがあるお店
だけに、連食するのは気合いがいりますわ...(^_^;; 

111209_4.jpg

麺屋わっしょい
(住所)大阪市生野区生野西2-1-33
(TEL)06-6715-6000
(時間)AM11:30 ~ PM11:00 
(休)無休 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2011年12月10日 22時32分 | 記事へ | ラーメン | Comment:3 Trackback-
こんです。
大分前に、まぜ麺は混ぜ提供に変わったとお店HPか何かで
見た記憶があります、んでその後実際行った時、混ざってた記憶があるんですが…こないだ行ったら混ぜてない提供でした。ん?戻ったのかな?と思いましたが、どっちなんでしょうね?w 1辛今度試してみますね~
2011/12/10(土) 23:25:26 | URL | takaQ #-[ 編集]
野菜盛の時と辛さトッピングの時のみ麺を混ぜてます。辛さは3辛がベストですね
2011/12/11(日) 00:13:18 | URL | 浪花のジェイ #-[ 編集]
>takaQさん...
下にオーナーが書いてる通りですわ...後で混ぜるのが大変な場合のみ
先に混ぜてるってことですな...ま...お客さんのことを考えてですな...

>じぇい...
ここの醤油ダレの旨さを楽しむんだったら、1~2辛がベストだと
思うけどな...辛さに関しては、ジョロキア的な辛さはないので
問題ないんだけど...
2011/12/11(日) 22:17:47 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By