2011年10月27日
まるとら本店(中華そば〔限定〕)@生野区
111025_1.jpg

mixiコミュ300人突破記念限定で、「麺や 而今」の「中華そば」をリスペクト
した一杯を作るということで、久々の訪問です。月曜日が定休日になってから
なかなか来れないんですよね...店内を恐る恐る覗くと...うわぁ...カウンターの
奥に濃い~面々が座っている...(苦笑)気の弱い僕は、関東の極悪ラヲタさん
の横に座らせてもらいました。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

111025_2.jpg

【中華そば〔限定〕(800円)】('11.10.24実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この日の限定は「中華そば」と「つけそば」の二種類...この後、2軒目の予定
があったので、どちらか一杯を選ぶことになったのですが、濃厚ラヲタさんの
おすすめにより「中華そば」をチョイスしました。なるほど...ビジュアルを
見ただけで「而今」を意識してるのがよくわかりますよね...「而今」と言えば
開店して一年も満たないお店ながらも、無化調でレベルの高い一杯を提供して
くれるだけに、化調使いの小川君がどう出て来るのかが楽しみだったんです。
(僕は化調に関して、否定派ではありません...)まず核心の化調について
尋ねると、いつもよりかなり抑えて作ったそうな...ふむふむ...早速いただいて
みましょう...

111025_3.jpg

うん...食べてみると、しっかり小川君の味じゃないですか...名古屋コーチンを
贅沢にも12羽も使い、強く鶏の旨味を引き出しており、魚介も負けずに
効いている...やさしい表情とは裏腹に、しっかりめのお味ですね...僕は小川君
の作る清湯が大好きなんですよ...「而今」とは全く違うアプローチですが
これはこれで美味しく仕上がっていると思います。「まるとら」には
「鶏そば」というレベルの高い清湯がありますからね...

111025_4.jpg

このスープに合わせているのが、やや低加水の細ストレート麺...なめらかで
スルスルと入っていくような食感が特徴です。スープとの相性もなかなか
いいと思いますよ...鶏と鴨のチャーシューに、つくねなど、「而今」を意識
したトッピングが並ぶのですが、それぞれの出来に関しては日頃「鶏料理」を
扱う「而今」さんと比べるのは、酷なような気がします。特に「而今」さんの
つくねは半端ないですからね...何も比べず、この一杯だけで考えると...本当に
美味しい一杯であることは確かです。

111025_5.jpg

小川君が強く薦めて来たトッピングが、この「とりチャーシュー(300円)」
やや濃いめの味付けで、白ご飯かアルコールが欲しくなりますね...柔らかくて
ボリューミィで...この照りがたまりません♪

さて...今回の「中華そば」は第一章でして...11/7(月)に第2章が
待ち構えているそうです。次回は小川君の得意な「こってり」分野...これも
また食べに来ないといけませんね...楽しみです♪


まるとら本店
(住所)大阪市生野区生野西2-1-37
(TEL)06-6718-1818
(時間)AM11:00 ~ PM3:00 PM6:00 ~ PM11:00
(休)月曜日(祝日の場合は火曜日) (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2011年10月27日 21時48分 | 記事へ | ラーメン | Comment:0 Trackback-
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By