2011年08月28日
麺や 而今(ひやひや鶏白湯そば)@大東市
110827_1.jpg

【ひやひや鶏白湯そば(700円)】('11.8.17実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ごちそうさまでした...って、1杯で帰れますかいな!店主おすすめの冷やしを
いただかないと...「まるとら」で一緒になった時も、悩んでおられたんです。
鶏白湯の冷やしは難しいって...いくら濃厚にしても、香りが飛んでしまう...
こうやって限定でも商品化されたってことは、それなりの結果が出たってこと
でしょうね...さっそくその「ひやひや鶏白湯そば」をいただきましょう♪

うわぁ...盛り付けも綺麗ですね...トッピングも先程の「塩鶏湯そば」とは
変えてきてるし、器の中央には何かそびえ立ってるぞ...(笑)沢山の仲間が
すでに食べていて、記事を上げているんですが...みんな評価が高いですよね...
特にヤイナムさんが細かく解説してくれているので、参考になると思います。

110827_2.jpg

このスープの粘度は凄いですね...単にトロミを付けただけのスープではなくて
本当に鶏の旨味が凝縮されてます。これでもか...って言う程、大量の鶏を使い
煮出した鶏白湯と鶏清湯を合わせているそうですが、このズシリとくるスープ
はポタージュ並の粘度がある...でも...不思議とクドい感じはなくて、どんどん
食べさせるチカラがあります。これ...塩気は全く使ってないそうですが、
しっかりと輪郭もある...僕はまだ未食だけど、ここには醤油を使わない「醤」
っていう一杯があるでしょう?魚を巧みに使った和食の業が、使われているん
でしょうね...

ただ...残念なことに、この冷やしの温度だと、せっかくの鶏の旨味が凝縮して
いても、香りが伝わりにくい...しかしこのスープを温めると、とんでもなく
風味が増して、全く違う旨味のスープになるそうな...(ねぇ?◯キ◯さんw)

110827_3.jpg

先程と同じ平打ち麺でも、温度で全く変わってきますね...さらにコシが増して
かなりの歯応えがある...スープも絡むと言うよりは、まとわり付くという感じ
ですね...(笑)ズルズルッと啜り込んでいただきます。旨いなぁ...

110827_4.jpg

鶏の胸肉を使った白いチャーシューは、濃厚なスープに合うようにさっぱりと
密度の高い歯触りを楽しませてくれる...あと面白いのが、家庭でも簡単に
作れるというサクサクのチーズ...スープに少しだけ塩分を加えたくて、これを
添えたそうな...食感もいいけどスープとの相性も抜群で、本当にセンスが
ありますよね...この1杯は、とても700円で食べれる代物ではありません!
聞けばやはり、原価率は50%を超えているそうな...これは限定でないと、
やってられませんよね...(もう終わってしまったかな?)

島田店主のラーメンに向かう姿は、真剣っていうか...本当に楽しそうなんです
よね...休日はあちこちを食べ歩いて研究...まとまった時間ができれば、関東
にも足を運び...食べ歩くだけでなく厨房に入って勉強させてもらう...この
飽くなき探究心が、見事な一杯を生み出しているんでしょうね...こんな
島田さんの作る料理だから、きっと夜の「華昌」も美味しいんでしょうね...
かならー社長、奢ってくれないかなぁ...(笑)


麺や 而今
(住所)大阪府大東市灰塚6-7-9
(TEL)072-873-0147
(時間)AM11:30 ~ PM2:30 
(休)月曜日(祝日の場合は営業)火曜日 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/noodle/chiikibetu.html



■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2011年08月28日 22時33分 | 記事へ | ラーメン | Comment:2 Trackback-
鶏は苦手です(汗)(笑)
2011/08/28(日) 23:00:14 | URL | かならー #-[ 編集]
>かならーさん...

そっか...鶏、苦手やったよね...
じゃあ焼肉、奢って下さい...(笑)
2011/08/29(月) 08:37:51 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By