2011年01月16日
カップ麺Watch(NO.54)
今回は韓国産カップを2種類レポートしてみましょう...パッケージの写真を
見ても「辛さ」を表現したような、真っ赤な商品が目立ちますね...

cup54_a.jpg

【Paldo「海鮮王カップ」 】

韓国ヤクルトの商品ですね...BIGサイズのカップで、麺量はたっぷり93.5g!
基本的に韓国のインスタントは麺量多めですね...カプサイシンたっぷりの
ピリ辛スープは、韓国ではポピュラーな味付けです。しかしながら全体的に
日本のカップ麺と比べると、大味な感じは拭えない...具材もプアだし、麺の
食感もイマイチ...鍋でグツグツ煮るような麺は美味しいと思うんだけど、
お湯を注ぐだけの麺はまだまだ改良の余地はありますね...中毒性のある
激辛スープだけに、細かい部分を直せば、もっと良くなるのになぁ...


cup54_b.jpg

【オットギ「熱ラーメン」 】

韓国を代表するタテ型カップで、味付けはいかにも韓国カップらしい、辛みと
甘みが特徴...やはりこれも中毒性がありますね...平麺はお湯をかけるだけには
適しておらず、3分待って食べだした時も、やや芯が残るような状態でした。
スープ等はいいとして、やはり具材にも工夫が欲しい...日本のカップ麺と
比べると、まだまだ差はあるように思います。


■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2011年01月16日 22時36分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback-
カップ麺・・・・・誰もコメントなくなったな~(笑)
2011/01/18(火) 22:52:44 | URL | あみ #-[ 編集]
>あみすけ...

ふん...ええねん...
オレはどうせ、ロンリーウルフやから...(笑)
2011/01/19(水) 08:51:43 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By