2010年01月23日
自己流ラーメン 綿麺(和風とんこつ)@松原
100123_1.jpg

12/22(火)のお昼のレポートです。はい...実はですね...2009年最後の
1杯がここ...綿麺となりました。「どんだけ間が開いてるねん!」って
ツッコミたい気持ちもわかりますが、多忙なためどうぞお許し下さい...
多分、しらっちょよりはマシだと思います。(笑)

記念すべき、2009年の最後に選んだのは...今や看板メニューとなった
「和風とんこつ(700円)」...これは僕にとっても、思い入れの強い1杯
なんです。最初は「あっさりらーめん」という名前で、この店ではサブ的な
存在だったのが、改良を重ねることにより、現在はこの店の一番メニュー...
いや、南大阪を代表する豚骨魚介に成長しました。

100123_2.jpg

最初の頃は、常連達の間であ~だこ~だ言って、より高みを目指して
もらおうと、皆が必死だったのを覚えてます。まぁ、お店にとってはいい
迷惑でしたよね...(笑)ウチのお店でも、サービスチケットを配ったり
してたよなぁ...それが今では、押しも押されぬ超人気店ですよ...

時々、限定とかは出してはいたけど、綿田氏のレギュラーメニューに対する
こだわりは、半端ではなかったですね...周りからの色んな声にも揺らぐ
ことなく、じっと練り上げていった結果が、この一杯に表れてます。

頭骨や拳骨を使いながらも、ほとんど臭みを感じさせないのは、丁寧な下処理
によるものでしょう...これに鰹や秋刀魚節等の和風出汁を合わせて、甘み、
辛み、酸味の絶妙なバランスのスープに仕上げています。極端に何かが突出
してるワケでなく、濃度や塩分加減も、何度も繰り返し食べたくなるような
感じ...今では珍しくなくなった「豚骨魚介」の中でも、ホンモノは違うと
いうことですよ...

100123_3.jpg

自家製の中太玉子麺は、プライムハードらしいなめらかさ、コシ、風味、
全てを備えていますね...スープとの相性も良く、もうケチをつけるところが
ありません...口の中でホロッと崩れるほど柔らかいバラチャーシューや
シャキシャキの葱、カイワレ、味のよく染みた煮玉子と、これはもう
完成の域に達したと言えるでしょう...いやぁ、参りました。

100123_4.jpg

自己流ラーメン 綿麺
(住所)大阪府松原市松ヶ丘3-6-15
(TEL)072-331-1777
(時間)AM11:30 ~ PM2:00 PM6:00 ~ PM10:30
(休)日曜日、水曜夜 (P)あり


(※僕のHPの「ラーメン食べ歩きing」のコーナーの中に、
これまでのデーターを地域別に保管しています。興味のある方は
のぞきに来て下さいね...)

http://www.oct.zaq.ne.jp/hashida-men/



■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2010年01月23日 22時27分 | 記事へ | ラーメン | Comment:5 Trackback-
んで・・・どの辺がハシダスペシャルなんでつか?
2010/01/24(日) 15:51:26 | URL | tanichan #LkZag.iM[ 編集]
ここは…遠い、、、

でも、食べたい。
2010/01/24(日) 19:19:24 | URL | あみ #-[ 編集]
>tanichanさん...
またそうやって、陥れようとしてるでしょう...
そんな無理なんて、言いませんって...

>あみすけ...
ここはマジに美味しいで...ちょっと交通の便が悪いけどな...
2010/01/24(日) 22:11:26 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
これは私好みっぽいです。が・・・遠くて行けません><
2010/01/24(日) 22:15:45 | URL | ゆかり #-[ 編集]
>ゆかりん...

ここはなぁ...最寄りの駅からも、歩いて30分近くかかるんよ...
でもな...そこまでしても食べる価値はあると思うで...
2010/01/24(日) 22:17:26 | URL | ハシダ・メン #e9uG4POc[ 編集]
コメントを記入
お名前(必須)
(必須)
タイトル:
(必須)
URL:
パスワード:
    管理者にだけ表示を許可する
コメント

Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By