2018年02月11日
カップ麺Watch(NO.381)
今回は韓国は「三養食品」の袋麺をピックアップ…どちらも日本語
表記のパッケージなので、日本向け商品なのがわかります。「カムジ
ャ麺」と「海鮮パーティーラーメン」…どちらも現地バージョンは
食べたことがあるんですけどね...早速いただいてみましょう…

cup381_a.jpg

【三養食品「カムジャ麺」】

まずは「カムジャ麺」から…何度か取り上げたことがあるんですが、
韓国の即席麺の中で僕が一番気に入ってるのが、この「カムジャ麺」
なんです。「カムジャン=じゃがいも」…そう、じゃがいもで作った
麺ですわ…独特のモチモチ感があり、病み付きになりそうな麺なんで
すよね…パッケージを開けると小袋が2つ…粉末スープとかやくが付
いている…(日本の袋麺もかやくを付ければいいのにな…と思うのは
僕だけか?)お鍋で3〜4分煮込み、ほぐれたら出来上がりですわ…
韓国でお馴染みのピリ辛スープで「辛ラーメン」ほどではないものの
じんわり後から辛みが来るタイプですわ…牛骨ベースで香辛料を効か
せた中毒性のあるスープに、例の「じゃがいも麺」が絡む...いやぁ…
旨いな。コンニャク麺を思わせる程、強い弾力で超多加水のプルプル
麺…グニュッと伸びる食感が面白いですよね...チープだとは言え、玉
葱、青ネギ、ニンジン、マッシュルームなど、かやくが入っているの
も嬉しいなぁ…この袋麺に関しては脱帽ですわ…日本の 一級インスタ
ント麺と比べても、引けをとらない…店頭で見かけたら、是非とも
手に取ってみてほしいです。


cup381_b.jpg

【三養食品「海鮮パーティーラーメン」】

続いて「海鮮パーティーラーメン」です。今回は普通の油揚げ麺なん
ですが、韓国の袋麺は麺量が多いのでいいですね…(麺量111g)...
なぜに「海鮮パーティー」なのか…いつものピリ辛スープなんですが
イカ、ロブスター、カニ、カキ、エビ、アンチョビと 色んな海鮮エキ
スが入っているということ…動物系は豚になるのかな..油分が極端に
少ないので、意外にさっぱり仕上がってます。ずっしりと重量感のあ
る中太麺との相性もいいですね…申し訳程度に入っているニンジン、
イカ、マッシュルーム、ネギ、大根の葉、わかめ等のかやくも、無い
よりはマシ…オヤツ的な感覚ではなく、しっかり食事としての満足感
が得られるのも、韓国のインスタント麺の長所だと思います。パッケ
ージのレベルもかなり上がってきましたからね...一つ問題点を上げる
とすれば、総体的に化調に頼る部分が大きく、食べた後にノドが渇き
やすいということでしょうか…しかし、このカプサイシンたっぷりの
ピリ辛スープは、クセになりますよね...


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年02月11日 12時36分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・