2018年02月04日
カップ麺Watch(NO.380)
しばらく海外の怪しい袋麺が続きます。最近は海外の商品も、手軽に
買えるショップが増えましたからね…一応、日本での販売を考えての
ことか、パッケージは日本語で表記してあったり、もしくは日本語の
説明書を上からシールで貼ってあったり…現地で買ってきてもらった
袋麺より、少しは安心できるんですが...(^_^;; 今回はインドネシアの
「ミーゴレン」と、ベトナムの「パクチーラーメン」です。早速いた
だいてみましょう...

cup380_a.jpg

【mdo mie「ミーゴレン」】

まずはインドネシアの「ミーゴレン」から…パッケージを開けると、
4種類の小袋が...コレって焼そばと言うか、油そばのような汁なしス
タイルなんですね…器にそれぞれのソースを入れておいて、湯切りし
た麺を入れ、かき混ぜれば出来上がりみたいな...もうね…匂いが独特
なんですよ...うう…パーム油に支配された、かなりオイリーな仕上が
りですね…カエシが弱いのでピンボケした味なのに、油っぽいから
余計にタチが悪い...後から唐辛子の辛さがジワジワ来るんだけど、
とにかく日本人の口には合わない感じですね...黒いカラメル的な液体
ソースだと思うんだけど、あの甘みが強すぎて...口の中に残るんです
よね…油揚げ麺は予想以上に出来は良かったけど、とにかくソースが
口に合わない...そんな感じでした。


cup380_b.jpg

【Rau mui「パクチーラーメン」】

続いてベトナムの「パクチーラーメン」です。パッケージを見ても
わかるように完全日本語版でして…日本で販売することを目的にして
作られたのがわかる…小袋は3つで、粉末スープに調味油、かやく
(乾燥パクチー)...面白いのは調理方法の中に、電子レンジでの作り
方が記載されていること…僕は普通に鍋で作りましたけどね…さて、
感想パクチーの量が半端ないです。パクチー好きにはたまらないの
ではないかと…(嫌いな人はそもそも買わないかw)鶏ベースの塩味
で、ほんのり乳化させた優しい味…これは日本人向けに作られたんで
しょうね...レモングラス等の酸味や香辛料の効かせ方も、実にマイル
ドです。主役の乾燥パクチーも、生ほどはクセは強くない…非常に
食べやすいけど、本場の味を好む人には物足りなさを感じるかもしれ
ませんね…多加水の細麺はしなやかで、スープともよく合ってます。
油の使い方も大人しいし、お店で人気があるのもよくわかりますよ…
まさに日本向けのパクチーラーメンでした。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html




■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2018年02月04日 16時52分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・