2017年11月08日
らーめん工房RISE(河内の塩)@八尾市
171108_1.jpg

先日、久しぶりにいただいた「焦がし黒醤油」に感動したので、友達
を連れて、八尾の「RISE」さんに再度訪問しました。友達はメリ
ハリの効いた味を好むので、絶対に気に入ってくれるだろうと思って
たんです。この日は天候が悪かったこともあり、ゆったりモードだっ
たんですが、その分…富永君と話をすることができました。

171108_2.jpg

友達は「焦がし黒醤油」を食べるとして…僕は何を食べよう…よくよ
く考えたら、僕はデフォである「河内の塩」をこちらではいただいた
ことがないんですよね…移転前の東成のお店では、何度か食べてはい
るんですが…よし、それにしよう…

171108_3.jpg

ラーメンだけでは物足りないので、ご飯モノもいただきましょうか…
「じゃこご飯」や「玉子かけご飯」も気になるけど、前回食べて美味
しかった「焼豚丼」が本命かなぁ…

171108_4.jpg

【河内の塩(730円)+マルチョウ(250円)】(’17.10.30実食)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こちらでは初の「河内の塩」を、マルチョウトッピングでいただきま
した。このラーメンは元々、金久右衛門の大蔵さんの力添えもあって
生まれた一杯なんですよね...そういう意味では、あの頃の金久右衛門
の旨さを、忠実に再現しているお店のひとつになるんです。で、当時
と比べると、器の隅に盛られていた「貝煮干し」の姿はなく、カエシ
の中に仕込まれているのかな...琥珀色に澄んだスープの上に、厚みの
ある豚バラチャーシュー、水菜、穂先メンマ、トッピングの丸腸…
そして中央には白髪ネギを盛り付けて、仕上げに梅チップをパラリ…

171108_5.jpg

おお...口の中に広がる貝系の旨味…鶏ガラ、豚骨ベースのスープに
貝出汁の旨味が合わさる…表面に浮かべた鶏油の加減で、ややオイリ
ーな仕上がりだけど、トッピングの丸腸からもさらに旨味の援護射撃
が加わる…これはたまらんなぁ…醤油系のラーメン同様、カエシの
アタリはやや強めなんだけど、カドを立たせるワケでなく、いい具合
にまとまっていますね…これは文句なしに旨いわ…

171108_6.jpg

ストレートの細麺を合わせているんですが、しっかりとコシもあって
のど越しもいい...このスープとの相性もいいと思います。

171108_7.jpg

ここの清湯スープには、純粋に「鷹の爪」をふりかけて食べるのが
一番合うんですよ...卓上の鷹の爪を多めに投入する...これはお約束で
すよね…全体がピリッと引き締まって、輪郭が際立つ感じ…色んな
辛味の薬味がある中で、これが一番好き…極上の国産牛の丸腸は、
臭みも全くなく、噛めば噛むほど脂の甘みや旨みが溢れ出てくる…
プルプルの食感がたまりませんよ…最強のトッピングですわ...

171108_8.jpg

セットで「焼豚丼(小)」をいただきました。本来なら370円するん
ですが、ランチタイムで「250円」になってます。甘辛いタレのかかっ
た細切れのチャーシューに、刻み海苔、ネギ、紅生姜を添えている…
このタレがたまらんのですよ…友達もかなり喜んでくれたし、本当に
大満足ですわ...ごちそうさまでした。


らーめん工房RISE
(住所)大阪府八尾市本町3-11-22
(TEL)072-997-9003
(時間)AM11:30 ~ PM2:00 PM6:00 ~ PM9:00 
(休)火曜日、月曜の夜 (P)なし


□■地域別・ラーメン食べ歩きing■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/chiikibetu.html





■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年11月08日 22時54分 | 記事へ | ラーメン | Comment:2 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・