2017年10月06日
カップ麺Watch(NO.362)
少し昔に発売されたカップ麺を、アナタと共に語り合う...「カップ麺
Watch」です。懐かしいとは思いますが、どうぞお付き合い下さ
いな…今回は明星が放つ、本格エスニックヌードルをピックアップ…
いずれも有名店が監修したもので...「マンゴツリー東京監修 トムヤム
クンヌードル」と「銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」…
タテカップヌードルで、ノンフライ麺を使っているのも特徴ですね…
早速いただいてみましょう...

cup362_a.jpg

【明星「マンゴツリー東京監修 トムヤムクンヌードル」】

まずは「マンゴツリー東京監修 トムヤムクンヌードル」から…タイ・
バンコクの中心街で1994年に創業し、人気タイ料理チェーンとなった
「マンゴツリー」が監修したトムヤムクンヌードルなんですが、この
分野ではどうしても無視できないのは、日清のトムヤムクンヌードル
でしょうね…完全に一人勝ちの状態ですから…他社も同様の商品を
出してはいるものの、継続して販売してるのは少なくて、単発で終わ
っているのがほとんど…トムヤムクン好きにしてみれば、もっと切磋
琢磨して欲しいんですけどね…上ブタの上には調味油の小袋が貼り付
けてあり、熱湯3分で出来上がりです。レモングラス的な調味油かと
思いきや、ラー油のような真っ赤なトムヤムペーストが…軽くまぜま
ぜしていただきます。意外にさっぱり仕上げなんですね…ココナッツ
ミルク等の乳化感も少なく、何より日清のトムヤムで感じられる、刺
すような酸味がない…(あの酸味がいいんですけどね…)ちょっと
拍子抜けした感じだったんですが...食べ進めていくと、これはこれで
いいかも…辛みもしっかりと出てるしね…明星のノンフライの平麺は
いいなぁ〜。一見はよくあるヌードル麺なんだけど、なめらかな食感
はノンフライならでは…しかもスープの持ち上げも、良好なんですよ
ね…エビ、ネギ、赤ピーマン、マッシュルーム、パクチーとかやくも
そこそこ…日清と比べると、全体的にマイルドに仕上がっているんで
すが、あの強烈な酸味が苦手な人は、こちらの方が食べやすいと思い
ます。


cup362_b.jpg

【明星「銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」】

続いて「銀座デリー監修 カシミールカレーラーメン」です。インドの
手法をそのままに、日本人向けに改良した味で人気になっている東京
銀座の「デリー」が監修したカレーラーメン...特に「カシミールカレ
ー」は「デリー」の代名詞と呼ばれる看板メニューだそうな…しかも
極辛とくれば、期待が高まるじゃないですか…小袋は入っておらず、
熱湯を注いで3分で出来上がり...ふむ...粘度の低いサラリとしたカレー
スープですね…ビーフ、チキンをベースに数種のスパイスを効かせた
スープは、最初に甘みが来て、ジワジワと辛みが追いかけてくる…
極辛とまではいかないまでも、辛みはしっかりとありますね…クミン
ターメリック、コリアンダー等、一般的なカレーラーメンよりスパイ
スを際立たせているのが特徴なんですが…粘度のせいもあって、ノン
フライ麺との相性が今ひとつ…スープも麺も個々のレベルは高いのに
実にもったいない…鶏肉ダイズにキャベツ、ポテト、ニンジン、スイ
ートレッドペッパーと、かやくに関してはよく頑張っていると思いま
す。どちらかと言うと麺ではなく、ライスと合わせて食べてみたいな
ぁ〜と思わせるカレーでした。


□■カップ麺Watch■□

http://hashidamen.web.fc2.com/noodle/b_gourmet/cupmen.html






■気になるブログ仲間の新着記事(RSS)■

2017年10月06日 22時34分 | 記事へ | インスタント・レトルト・お菓子 | Comment:2 Trackback:0
Copyright ©ハシダ・メン. All rights Reserved. Powered By ・